ホーム > マルチメディア> CDAの詳細とMP3への変換方法について

CDAの詳細とMP3への変換方法について

2021-11-22 / Hanagi

従来の音楽鑑賞はカセットやCDを専用の機器で再生するのが一般的でしたが、現在はスマホに音楽データをダウンロードするケースが増えています。市販の音楽CDをスマホで楽しむことも不可能ではありませんが、そのためには正しい手順を踏まなければいけません。ここではCDAの詳細やMP3に変換する方法、扱いやすいフリーソフトの選び方などについてお伝えします。

音楽CDにはCDAファイルが使われている

音楽CDは楽器の演奏や歌手の歌声をそのまま録音しているわけではありません。

音楽CDを解析するとCDAファイルが確認できますが、これは音声ファイルではなくCDの音声トラック情報を記述しているindexファイルです。

indexファイルは索引ファイルとも呼ばれている通り、音声ファイルとは別物です。CDコンポなど専用の機器なら正常に再生できますが、それ以外の方法では再生は不可能です。そのため、CDからコピーしたCDAファイルはMP3など再生可能な形式に変換させる必要があります。

CDAをMP3に変換する方法

#Windows Media Playerを使う

ウィンドウズのパソコンには変換ソフトのWindows メディアプレイヤーが標準搭載されています。Windows Media Playerの名の通り、ウィンドウズのみに対応した形式ですが、新たに変換ソフトを用意する手間がかからない利点があります。画面の指示に沿って操作するだけでCDAをMP3に変換できるので、初心者からベテランまで幅広い層に適していると言えるでしょう。出力形式はMP3以外にWAVのみ、変換速度もやや遅いなど欠点もありますが、手軽にファイル変換を行いたい、お金をかけたくない人にぴったりです。

#iTunesを使う

iTunesはマックを開発したアップル社の変換ソフトです。メディアプレイヤーがウィンドウズ対応なのに対し、iTunesはマック対応になっています。CDAをMP3に変換する性能はほぼ同じですが、出力形式はMP3以外にはWAV、AIFF、AACに対応しています。この点についてはメディアプレイヤーよりも利便性が高いと言えるでしょう。

#配布されているフリーソフトを使う

パソコンに標準搭載されている変換ソフトの性能は決して低くありませんが、変換速度がやや遅く、一括変換ができないなど不便な点があるのも事実です。そのため、ファイル変換に慣れている人はより利便性の高いフリーソフトを選ぶ傾向があります。フリーソフトは出力形式が多彩な物やウィンドウズとマックの両方のOSに対応する物など、使い勝手の良さが特徴です。大容量のデータを短時間で変換できる物も少なくありません。フリーソフトは種類が多いので用途や操作性などを考慮して選ぶことができます。

音楽ファイルを変換する際の注意点

#著作権の問題

音楽などの創作物には著作権があります。自分がお金を払って購入した場合でも、その著作物をコピーして配布すると著作権を侵害したと見做されるので注意が必要です。書籍を例にするとすべてのコピーが違法ではなく、私的利用に限っては可能とされています。私的利用はコピーした本人だけが対象であり、第三者に譲渡した場合は著作権の侵害になります。コピーした物が配布されることにより、著作者が得られるであろう利益を喪失したと解釈されるためです。音楽データであるCDAファイルも法律上は書籍と同様の著作物であり、形式を変換させたMP3も同様です。MP3はコピーも配布も容易なので、印刷物よりもはるかに厳しい基準で判断される可能性があります。

#出力形式の確認は必須

CDAファイルをスマホなどで再生させるにはMP3への変換が必要です。MP3は1993年に開発された形式なので、変換ファイルの中では古い部類に入ります。変換ソフトの中には古いファイル形式に対応していない物があるので、使用する際は対応する出力形式の確認が欠かせません。

#配布されているソフトの危険性

フリーソフトは名前の通り、無料で使用できるのが特徴です。パソコンに搭載されている変換ソフトよりも高性能なソフトがお金をかけずに使用できるのは非常に魅力的ですが、すべてのソフトが安全とは限りません。ウイルスが仕掛けられているなど危険なソフトが稀に存在します。自分では気づかないうちに個人情報が流出したり、悪意を持った第三者に端末を乗っ取られる可能性は否定できません。フリーソフトだけではなく、お金を払って使用するソフトにも危険な物があるので安易な使用は避けるのが賢明でしょう。また、ウイルスなどの危険な仕掛けが無いソフトでも端末がフリーズするなど、動作が不安定な物は決して珍しくありません。

配布されているソフトの多くは素人が作った物です。メディアプレイヤーやアイチューンズのような安定性を持つ高品質なソフトは必ずしも多くないので、配布されているソフトを使う際は慎重に判断する必要があります。

変換したファイルの上手な使い方

#スマホなどの端末に読み込ませる

音楽CDのCDAファイルをMP3に変換するのはスマホなど、CDの再生機能を持たない機器で音楽を楽しむのが主な目的です。音質が優れている機器を通せば好みの音楽をより深く楽しむことができます。音楽データの変換は好きな時に好きな音楽を楽しみたい人にとって、避けては通れない課題と言えるでしょう。スマホの性能によっては大容量のデータをスムーズに再生できないことがあるので、変換データをダウンロードする際は十分に注意します。

#記録媒体にコピーする

CDやUSBメモリなどの記録媒体にコピーする際もファイル変換が欠かせません。CDの場合は変換が不要に思えますが、パソコンなどにデータを一度保管してから空のCDにコピーするのでファイル変換が必要になります。記録媒体へのコピー方法は使用するソフトによって多少の違いがありますが、基本的には画面上の指示に沿って操作するだけなので難しくありません。

変換ソフトを探す方法

MP3に変換するソフトを探すには検索エンジンを使うのがもっとも手軽な方法です。変換ソフトはインターネット上で配布されていますが、類似した名前もあるので欲しいソフトは正確に入力します。また、検索エンジンによっては類似した名前のソフトを最初に表示することもあるのでその点も注意しなければいけません。ソフトを見つけた際はすぐにインストールするのではなく、まずはソフトの評判について確認します。高品質で安全なソフトなら好意的な評価が多いので参考になりますが、中には虚偽の内容を記した評価もあるので安易に信じるのは軽率です。変換ソフトの評価は複数の口コミサイトで公開されているので、必ず比較を行ったうえで慎重に判断します。

検索エンジンでのソフト探しは手間がかかりますが、自分が知らなかった高品質なソフトに巡り合える可能性もあります。用途に最適なソフトが見つかることもありますが、逆に危険なソフトの存在を知ってしまう可能性もあるので注意しなければいけません。悪質なソフトは別のソフトの名称を騙っていることもあります。ウイルス感染のトラブルを避ける意味でも評判の確認は必須です。パソコン関連の書籍で調べる方法もありますが、インターネットと比較するとどうしても情報が古くなってしまう欠点があります。一方で古い書籍にも掲載されている入手可能なソフトは評価が高く安全とも言えるので、変換ソフトを選ぶ際の参考になると言えるでしょう。

まとめ:音質へのこだわりと社会のルールを遵守することが重要

音楽CDのデータをスマホなどの携帯端末にコピーすることで、時と場所を選ばず好みの音楽を楽しむことができます。音楽CDのCDAファイルをMP3に変換することで正常な再生が可能になりますが、そのためには操作性が良いソフトの使用が不可欠です。音質を損なわずに変換できるソフトを選ぶのが音楽鑑賞を楽しむコツですが、著作権など社会的なルールには注意することを心がけます。