ホーム > ストリーミング> HLSとは?ダウンロード方法や使い方、ダウンロードできない時の対処法も解説!

HLSとは?ダウンロード方法や使い方、ダウンロードできない時の対処法も解説!

2022-01-14 / Hanagi

さまざまな動画配信サイトなどが誕生したことにより、個人レベルで動画配信をする人もかなり増えてきています。個人であっても面白いコンテンツを配信することにより、有名になったり人気を獲得したりして、たくさんの視聴を獲得する人も出てきています。著名な配信者のコンテンツであれば、それだけでかなりの価値があるものです。そうしたものはアーカイブに残っていることもあれば、残らないタイプものも存在するでしょう。

そうした配信は一度きりのことが多く、アーカイブに残さなければ再びみることはできないのが普通です。公式でアーカイブがなければ、なんとかして自分で配信を保存してみたいところですが、そのようなことは可能なのでしょうか。例えばスクリーンレコードなどを使うのも手かも知れませんね。

しかし画質などの問題もありますし、場合によっては、録画機能は使えないかも知れません。やはり直接保存するのが一番容易い方法ではあるでしょうが、どのようにやるのでしょうか。なんとなく難しそうなイメージがありますよね。実は、とある配信方法で配信されたコンテンツであれば、保存することができる方法があるのです。それがHLSと言います。HLSとはストリーミング配信などで一般化している配信方法なのですが、今回はHLSの保存法についてまとめて行きます。

HLSの概要

まずはHLSの概要について見ていきましょう。

HLSとは、HTTP Live Streamingの略です。Appleの技術なのですが、ライブ・ストリーミング配信において一般的になっている方法です。ウェブブラウザで再生可能なこともあり、動画のデータファイルと再生時間などのデータを切り分ける手法によって成り立っています。

技術的な名前を使うなら、TSファイルが動画データで、その順序などを示す情報がm3u8ファイルです。この技術はかなり多くの配信サイトに使われています。

AbemaやTVer、ニコニコなど多岐にわたります。動画ファイルとしてはMP4と大差なく、ストリーミング用に動画ファイルデータを変更したものがHLSということになります。そのため、原理としてはHLS方式で配信された動画を保存することは普通にできるのです。

動画データのファイル形式の構造的に、組み立てデータと中のデータを取得することでダウンロード可能なのはなんとなくイメージがつくかも知れません。次の項で解説していきます。

HLS方式で配信されている動画のURLを取得

まず大きな流れとして、m3u8のファイルURLを取得し、m3u8ファイルの解析をすることができるダウンローダーを取得しなければいけません。ダウンローダーを取得できたら、それを用いて動画をダウンロードすることができます。

では、具体的にどのようなソフトをどのように使ってHLSをダウンロードすれば良いのでしょうか。名前を挙げながら解説していきます。

まずは、ダウンロードしたい動画を再生しながらURLを取得しましょう。

1. 再生しながらF12キーをタップすることで、デベロッパーツールを表示しましょう。デベロッパーツールはホームページのソースコードなどが表示されているイメージをしてもらえれば良いと思います。それを表示するためには、まずF12キーをタップするわけですが、Macの場合はF12をただタップしても意味がないので、FNキーと一緒にタップしましょう。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール

自動的に生成された説明

2. デベロッパーツールが表示できたら、Elementsなどのタブの中にNetworkという項目があります。Networkを表示できたら、Searchの部分を表示し、m3u8と入力しましょう。そこにURLが表示されますので、それをコピーしましょう。

グラフィカル ユーザー インターフェイス

中程度の精度で自動的に生成された説明

HLSストリーミング動画をダウンロードする方法

動画ゲッター

また、同じようにHLS形式の動画をダウンロードすることができるウェブブラウザの拡張機能なのですが、ChromeのみならずFirefoxでも利用することができます。

動画ゲッターもm3u8形式の動画ファイルをダウンロードできます。

まずは、動画ゲッターの拡張機能をダウンロードしなければいけません。動画ゲッターとウェブで検索すると、Chromeのウェブストアの公式サイトが出てきますのでそこに入りましょう。Chromeに追加というボタンがありますので、そこをタップすることで拡張機能を追加することができます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明

拡張機能を追加できたら、HLS形式の動画をダウンロードしましょう。ダウンロードしたい動画のページに入って動画を再生しながら、Chromeの上の方にある動画ゲッターの拡張機能のアイコンをタップしましょう。

HLSのダウンロードできる動画を検出できたら動画の一覧が表示できます。

動画一覧が表示されている中で上にダウンロードのボタンがありますので、ダウンロードしたい動画をタップして選択してボタンをタップしましょう。

ダウンロードしたM3U8ファイルをMP4に変換する場合は、M3U8の動画をダウンロードしてMP4に変換する方法 10選 記事をチェックしましょう。

StreamFab YouTube ダウンローダー Pro

StreamFab YouTube ダウンローダー Proは、かなり多くの人に使われている動画ダウンロードソフトウェアです。YouTube、Facebook、ニコニコ動画などの1000+の動画サイトから動画をダウンロードして保存する機能がついており、それがかなり便利なものとなっているのです。体験版をダウンロードして無料で気軽に使えます。

そして、HLS形式でストリーミング配信されているニコニコ動画をダウンロードすることもできるのです。ダウンロードした動画は、元の動画のファイル形式またはMP3で保存することができます。

【StreamFab YouTube ダウンローダー Proでニコニコ動画をダウンロードする方法】

1. まずは、公式サイトに入り、ソフトウェアをダウンロード・インストールしましょう。

2. セットアップが完了したら、StreamFabをを立ち上げ、ホーム画面の右上にある「三」のようなアイコンをクリックして、「設定」>「一般」>「ビデオディレクトリ/オーディオディレクトリ」でダウンロードする動画の保存先を指定します。

3. 次に、ダウンロードしたいニコニコ動画のURLをコピーします。

StreamFabを開き、表示された「URLを貼り付け」ウィンドウでフォーマットと品質を選択して、「ダウンロード」ボタンを押します。

4. 左側メニューにある「ダウンロード中」でダウンロードの進捗状況を確認できます。

HLS Downloader

HLS Downloaderもまた、HLS形式で配信された動画コンテンツをダウンロードすることができるツールなのですが、ソフトウェアではなくウェブブラウザの拡張機能になっています。Google Chromeの拡張機能で、ソフトウェアのダウンロード・インストールの手間がかかりませんし、かなり便利にシンプルに利用することが可能です。HLS Downloaderであれば、劣化なしで、HLS形式で配信された動画をダウンロードできます。

まずは、HLS Downloaderとネット検索して公式サイトに入りましょう。公式の拡張機能をダウンロードするのですが、ページ内のChromeに追加ボタンをタップすることで追加できます。

追加できたら、ダウンロードしたいHLS形式の動画を再生します。動画をブラウザで再生したら、ブラウザにあるHLS Downloaderのアイコンをクリックしましょう。

動画を検出できたら、ポップアップが出てきて、URLなどが表示されている横にダウンロードの矢印ボタンをクリックしましょう。

表示された画面で希望の解像度の横にある矢印アイコンをクリックすると、ダウンロードが始まります。ダウンロード中、進捗状況が表示されます。

画像引用元:https://webiitoko.blog.fc2.com/

ダウンロードが完了したら、普通の動画ファイルなどと同じように再生できたり利用できたりします。後で見つけやすいように名前をつけて保存しましょう。その際に拡張子も同時に編集して、MP4などに変更すればやりやすくなります。

HLS DownloaderはChromeの拡張子なのですぐにダウンロードして簡単に利用することができるので、ソフトウェアよりも便利であると言えるでしょう。拡張機能を使いこなすのが得意な人にはおすすめです。

HLSがダウンロードできない時の対処法

さて、ここまでHLS形式の動画をダウンロードする方法についてまとめてきましたが、HLSの動画がダウンロードできない場合もあるでしょう。そういう場合には原因を突き止めて対処しなければいけません。

まず大きな原因として、配信側の設定の問題があります。

動画の生配信などで暗号化処理を施した方法を使用していた場合には、ダウンロードできない場合があります。基本的にほとんどの配信はHLSも含めてダウンロードされる想定では行っていません。暗号化通信も一般化している現在においてはなかなかダウンロードできない、ハードルが高いこともあるかも知れません。

そして、パソコンや通信の状況も影響してきます。

パソコンの処理能力が低くなっていて、動画がうまく再生できないようだと、当然ダウンロードも難しくなります。ダウンロードには通信状況が良くなければできないのはお分かりいただけるかと思います。

原因は、大きく分けるといくつかありますが、ほとんどは暗号化技術などの配信側の設定であることが多いです。そういう場合は、一番確実なのがスクリーンレコードです。画面を録画して保存することが簡単なのがイメージがつきますよね。

まとめ

さて、ここまでHLSの動画をダウンロードする方法について見てきました。さまざまな人たちがコンテンツを配信して有名になることが多い現在において、動画コンテンツを保存したり見返したりする需要はどんどん高まってきています。しかしそうした配信されている動画を保存するのは難しそうに感じますよね。実際、ダウンロードしたことがないひともおいのではないでしょうか。また特殊な技術や機材が必要なようにも感じます。

ですが、実際はそれほど難しくありません。HLSという形式は、動画のタイムスタンプや構成などのファイルと、動画の中身のコンテンツファイルを組み合わせて動画ファイルを構成する形式のものです。HLSファイルをダウンロードするには、大きく分けてソフトウェアを使う方法と、ウェブブラウザの拡張機能を使う方法があります。

ソフトウェアを使う方法は、HLSの動画のURLをコピーしてソフトウェアでダウンロードするもので、ウェブブラウザの拡張機能を使う方法は、ダウンロードしたい動画を再生しながらChromeの拡張機能を立ち上げて動画一覧からダウンロードボタンをタップしてダウンロードしましょう。このように簡単にダウンロードすることもできるので、試して見てください。選択肢としてスクリーンレコーダーもあるということを覚えておきましょう。