ホーム > DVD> DVDからRCEプロテクションを削除して自由に再生する方法

DVDからRCEプロテクションを削除して自由に再生する方法

2021-11-06 / Hanagi

目次

1. RCE プロテクション

RCE (Regional Coding Enhancement)とは、一部のDVDメディア制作側がリージョン1(R1)DVDに配置した追加の保護レイヤーであり、DVDがリージョンフリーまたはマルチリージョンのDVDプレーヤーで再生されないようにしています。

DVD業界の分野で世界を1~6までのリージョンコードに分類します。RCEプロテクション付きのDVDは、DVD側と一致したリージョンコードが付いているDVDプレーヤーだけで再生できます。DVDのリージョンコードは、地球儀で番号が記載されているボックスの背面を見ると確認できます。

rce protection

2. RCEプロテクションを解除する方法

DVDがお住まいの地域での使用に適していない場合は、そのパフォーマンスに最適な地域の種類を通知するマップが表示されます。これらのビデオや映画を再生するには、RCEプロテクションを解除できるソフトウェアが必要です。以下では、RCEプロテクションを簡単に削除できるいくつかのソフトをご紹介します。

DVDFab Passkey for DVD

DVDFab Passkey for DVDは、市場で入手可能な最強のDVDコピーガード解除ソフトであり、 RCEプロテクションを含む、あらゆるDVDコピーガードを素早く削除できます。解除後のDVDコンテンツは自由に再生したり、別のソフトウェアで編集したりすることができます。

rce protection

DVDFab Passkey for DVDでRCEを解除する手順は次のとおりです。

  • DVDFab Passkeyの最新バージョンをダウンロードしてインストールします。成功にインストールした後、Passkeyを起動します。
  • DVDディスクをドライブに挿入します。DVDFab Passkey for DVDは自動的にDVDを読み込み、数秒後、RCEなどのコピーガードが解除されます。
  • 次に、タスクバーに隠れたPasskeyのアイコンを右クリックして、「ハードディスクにリッピングする」または「イメージファイルにリッピングする」を選択すれば、DVDコンテンツをバックアップすることができます。

Handbrake

Linux、Mac、Windowsで利用できる無料のDVDリッピングソフトウェアです。UOP、CSS、リージョンコードなどのコピーガードを解除して、DVDをビデオファイルを変換できます。ただし、高度なコピーガードは処理できません。

this dvd appears to be rce protected

HandbrakeでRCEを解除する方法は、次のとおりです。

  • まず、適切なバージョンのHandbrakeをダウンロードして、パソコンにインストールする必要があります。
  • Handbrakeは、サードパーティのツール、つまりlibdvdcssとの連携でのみ機能するため、libdvdcssをダウンロードする必要があります。
  • 次に、Handbrakeアプリを開き、ウィンドウの左上隅にある「ソース」ボタンを選択してDVDをロードします。
  • ドロップダウンメニューから「キューに追加」を選択して、リッピングする必要があるファイルを追加し、ターゲットの場所も選択します。
  • 出力形式を設定して、「開始」をクリックして削除のプロセスを開始します。

DVDSmith

WindowsおよびMacで利用可能なビデオファイルの変換とDVDのリッピングソフトです。RCE、APS、UOPなどの通常のDVDコピーガードを削除できます。高度なDVDコピーガードを処理することはできません。

this dvd appears to be rce protected

DVDSmithでRCEを解除する手順は次のとおりです。

  • まず、デバイスのニーズに完全に適合し、サポートされているバージョンのアプリケーションをダウンロードして、PCにインストールして起動します。
  • ムービーディスクをドライブに挿入します。
  • バックアップモードを選択します。ボーナス機能が必要な場合は、ボーナスディスクなしでコンテンツをフルディスクとメインムービーモードでコピーします。
  • DVDを挿入したら、ドロップダウンメニューからドライブの場所を選択します。また、ファイルのバックアップ先フォルダを選択することを忘れないでください。
  • ここで「バックアップの開始」をクリックすると、コピーのプロセスが開始されます。

これでリージョンコードやCSSなどのコピーガードは、自動的に削除されます。

DVD Shrink

DVD Shrinkは、DVDを自由に圧縮して、DVDビデオディスクのバックアップコピーを作成できるフリーソフトです。ライティングソフトウェアと組み合わせて使用すれば、DVDの書き込みもできるようになります。

DVD ShrinkでRCEプロテクションを解除する方法は以下のとおりです。

  • まず、DVD Shrinkをダウンロードして、お使いのPCにインストールしてから起動します。
  • コピーしたいDVDをドライブにセットします。
  • 画面の左上にある「ディスクを開く」ボタンをクリックして、DVDドライブを指定して、DVDデータを読み込みます。

以下のメッセージが出たら、『リージョンを指定する』にチェックして、リージョンを2に指定して、「OK」を押します。

「バックアップ」ボタンを押し、保存先を決定して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

3. 補足:他のDVDコピーガードの種類

以下では、RCE以外、よく使われるDVDコピーガードの種類をご紹介いたします。

• コンテンツスクランブルシステム(CSS)

これは、市販のDVDに適用されるDVDの違法コピーと視聴を防止するためのデジタル著作権管理スキームです。 1996年に導入されたCSSは、DVDコンテンツの配布を禁止しています。

• ユーザー操作禁止(UOP)

UOP(ユーザー操作禁止)は、DVDに設定されているデジタル著作権禁止スキームへの参照でもあります。ユーザーは、ディスク内に保存されているコンテンツを変更しようとすると、FBI警告などの著作権情報が表示されます。

• ソニーARccOS

これは、ソニーによって設計および開発されたコピープロテクト技術で、CSS(コンテンツスクランブルシステム)の上に追加の保護カバーを提供します。ユーザーがDVDファイルをコピーしようとすると、このプロテクトが故意にDVDに破損したセクターを形成します。

• アナログ保護システム

この保護システムはMacrovisionによって設計されました。お客様がAPS保護のマークが付いたDVDを盗用またはコピーしようとすると、コピーされたコンテンツが判読不能で文字化けします。

• フェアプレー

これは、Appleによって開発されたデジタル著作権管理技術です。MP4ファイルの形式で存在する暗号化されたAACオーディオレイヤーとして機能します。 DVDを本物で承認されたデバイスでのみ実行できます。これは、著作権で保護された作品、特にiTunes ストアを通じて販売されている作品の保護を促進します。

• CPPMまたはCPRM

これらは、記録可能なメディアまたは事前記録されたメディアのコンテンツ保護の略語です。これは、DVDプレーヤーまたはラップトップ上のデジタルコンテンツの削除、移動、またはコピーの作成を管理するメカニズムです。

まとめ

以上では、RCE及び他の様々なコピーガードを解説して、RCEを簡単に解除できるソフトも紹介しました。DVDFab Passkey for DVDのような優れたDVD解読プログラムを利用すれば、DVD RCEリージョンについて心配する必要はありません。元のコンテンツを変更せずにDVDからRCE保護を削除するのは非常に簡単です。このソフトは有料ですが、無料で体験できます。完全無料のソフトでRCEプロテクションを解除したい場合は、Handbrake、DVD Shrinkを使用してみましょう。