ホーム > フリーソフト> 【初心者必見】動画ゲッターの使い方と気になるポイントを徹底的に解説!

【初心者必見】動画ゲッターの使い方と気になるポイントを徹底的に解説!

2021-11-05 / Hanagi

動画ゲッターは簡単な操作で動画がダウンロードできる便利なツールです。オフラインでもお気に入りの動画が楽しめるので便利ですが、どうやって使うのか、安全なソフトなのか、動画をダウンロードしても違法にならないのかなど、実際に使う前に気になることもたくさんあります。こちらでは、動画ゲッターの概要や使い方、安全性などについて見ていきます。

目次

動画ゲッターはどんなツール?

動画ゲッターはChromeやFirefox用のブラウザ拡張機能です。

動画ゲッターをインストールしたブラウザで対応している動画共有サイトに行くと、アイコンをクリックするだけで動画をダウンロードできます。スクリプトの編集ができる人は、簡単な入力でサイトごとに指定した処理をさせることもできますので、一定のルールに従って動画をダウンロードしたいときなども便利です。

動画ゲッター

主な特徴:

  • ブラウザ用のアプリなのでWindows、Macのどちらでも使えます。
  • 日本語表記なので、使い方で迷うこともほとんどありません。
  • 自動でダウンロード可能な動画をリスト表示するため、複数の動画をダウンロードしたいときも使いやすいです。
  • ページが変わるたびに自動で動画を検出するので、多くのページから動画をダウンロードする場合などは、動作の軽さや簡単な操作と相まってスピーディーに作業ができます。

動画ゲッターが対応しているサイト

動画ゲッター

動画ゲッターで動画をダウンロードできる対応サイトは数多くあります。日本でもよく使われるニコニコ動画やひまわり動画の他、Dailymotion、Veoh、Youku、Tudou、Vimeo、Anitube、Daum、Myspace、Guba、FC2、B9DM、Xvideos、Xhamster、SayMove!、Pandora.TVなど多数のサイトでダウンロード可能です。ただし、日本でもよく使われるYoutubeは対象外ですので気をつけましょう。

動画ゲッターが対応しているサイトは、多くが中国や韓国などのアジア系のサイトです。上記のような対応サイトを頻繁に利用する人は、動画ゲッターを入れておくだけでほぼ事足りるでしょう。

動画ゲッターの評判

動画ゲッター

動画ゲッターの利用者は世界中に数多くいますが、全体的に高い評価を得ています。使い勝手の良さや処理の速さから注目を集めるようになり、動画のダウンロードや保存を目的としたツールの中でも人気があります。

元々はChrome専用の拡張機能として公開されていましたが、ユーザーが増えたことでFirefoxからの利用できるようになったという経緯から分かるように、多くの人から支持されています。

実際に動画ゲッターを使ってダウンロードをした人からは、動作が軽くて使いやすい、対応しているサイトが多い、操作が簡単ですぐに使えるなどの高評価がほとんどです。動画ダウンロードアプリのランキングを見ても、常に上位にランクインされていますし、ツイッターやフェイスブックで頻繁に紹介されていることから、評判が高いツールであることが分かるでしょう。

ブラウザ別の導入方法

動画ゲッターは普段使用するブラウザに導入してから使います。基本的な操作はほぼ同じですが、ブラウザごとに導入方法を見ていきましょう。

#Chromeの導入方法

まず、Chromeを開いて動画ゲッターの公式サイト(https://www.douga-getter.com/)にアクセスします。「利用規約」と書かれた文字をクリックすると詳しい規約内容が表示されますので、内容を確認した上でその下にある「ウェブストアで拡張機能をインストール」と書かれたボタンをクリックしましょう。

動画ゲッター

別窓でChromeウェブストアが開きますので、画面右側にある「Chromeに追加」と記載されたボタンをクリックします。

動画ゲッター

ポップアップウィンドウで追加するか確認されますので、「拡張機能を追加」を選びましょう。

動画ゲッター

動画ゲッター

アイコンを固定したいときは、拡張機能のアイコンをクリックして、「Douga Getter」の右にあるピンのアイコンをクリックするだけです。

動画ゲッター

#Firefoxの導入方法

Firefoxブラウザで動画ゲッターの公式サイトへ行き、利用規約を確認して「拡張機能をインストール」と書かれたボタンをクリックするところまではChromeと同じです。

動画ゲッター

Firefoxの場合はそのままポップアップウィンドウでインストールの許可を求めるメッセージが表示されますので、「インストールを続行」をクリックしましょう。

動画ゲッター

写真出典:https://affiliate-kousotu.com

インストールを終えると、再度動画ゲッターを追加するか確認メッセージが表示されますので、「追加」ボタンをクリックして完了です。

動画ゲッター

写真出典:https://affiliate-kousotu.com

動画ゲッターの設定と使い方

設定

オプション画面では、動画を検出する際の設定や分割された動画のダウンロードについて設定できます。

動画ゲッターのアイコンを右クリックして「オプション」を開きます。

動画ゲッター

10MBより大きいファイルや2MBより小さいファイル、分割されたMPEG-TSなどを動画とみなすかそれぞれ指定できます。

さらに、分割されたTSファイルについては複数を並列でダウンロードすることも可能です。

使い方

対応している動画共有サイトに行くと、動画ゲッターは自動的に動画を検出し、アイコンに検出した動画の数を表示します。

ダウンロードをするつもりがなければ、そのまま動画を閲覧したり他のサイトに飛んだりしても問題ありません。ページが変わるたびに再度動画の検出を行います。

① ダウンロードしたい動画が見つかったときは、数字が表示されているアイコンをクリックしましょう。

動画ゲッター

② 検出した動画が一覧表示され、ダウンロードしたい動画の右にある矢印アイコンをクリックするだけでダウンロードを開始できます。

動画ゲッター

③ 動画の保存先は拡張機能を導入しているブラウザに準拠していますので、デフォルトではダウンロードフォルダになります。保存先を変更したいときは、ブラウザの設定で保存先を変更することになります。

動画ゲッター

動画が成功にダウンロードされた後、検出した動画の右にあるダウンロードアイコンが緑の◯アイコンになります。

動画ゲッター

保存した動画は、M3U8ファイルですが、うまく再生できない場合は、M3U8の動画をダウンロードしてMP4に変換する方法 記事を参考して、M3U8ファイルをMP4に変換してみましょう。

よくある質問

動画ゲッター

動画ゲッターを使っても良いか悩む場合は、このツールにウイルス等は混入していないか、そして動画のダウンロードは違法行為にならないかという2通りの内容があります。以下にそれぞれ詳しく見ていきましょう。

動画ゲッターは安全か?

ウイルス等に関する危険性ですが、そもそもChromeウェブストアでは、取り扱っているソフトについてウイルスやマルウェア等が仕掛けらえていないかチェックしますし、厳正に審査を行った上で掲載します。そのため、公式サイトからダウンロードした場合にはウイルスの混入に関する心配はしなくても良いでしょう。実際、多くのユーザーが動画ゲッターを利用していますが、ウイルスに関する報告はされていません。

ただ、海外の動画共有サイトの中には、アクセスするとウイルスに感染するところもあります。不用意にバナーやリンクをクリックせず、ダウンロードした動画も念のためチェックしましょう。

ダウンロードは違法?

動画をダウンロードすること自体は違法行為とは言い切れませんが、何をダウンロードするかによって違法とみなされることもあります。

有料の動画や音楽作品を違法アップロードしたものをダウンロードした場合には、著作権侵害に該当しますので違法行為です。一方、公式ホームページで公開している予告編などの動画は、ダウンロードしても問題ありません。ただし、これを商用利用することは違法行為に該当します。

ダウンロードできない時は?

動画をダウンロードする時、問題が発生したら、以下の対処法を参考してみましょう。

動画ゲッター

まとめ

動画ゲッターは難しい設定や操作の必要がなく、必要が生じたらすぐに動画のダウンロードができます。実際に利用している人からの評価も高いですし、安全性について問題視もされていません。全ての動画共有サイトに対応しているわけではありませんが、多くのサイトで利用できますので、インストールしておけば役に立つでしょう。