ホーム > マルチメディア> .swfファイル 再生方法まとめ!パソコンブラウザ・ソフト・スマホにも対応~

.swfファイル 再生方法まとめ!パソコンブラウザ・ソフト・スマホにも対応~

2021-11-05 / Hanagi

目次

1. .swfファイルとは何か

.swf という拡張子のことをご存知ですか?詳しく知っていないかもしれませんが、ニコニコ動画はインターフェースである動画プレーヤー(ニコニコプレーヤー)がswfで作られていたことを知っていますか。ニコニコなどの動画共有サイトでよく利用されているウェブサイトフォーマットのなか、この.swf ファイルがよく見かけます。SWFとは、「Small Web Format」(スモールウェブフォーマット)から略され、アドビ株式会社が開発したフラッシュ(Flash)技術により作成された再生ファイルのフォーマットです。.swfファイルとは、.swfの拡張子をしているFlash形式の再生専用ファイルのことを指します。

swf-video-file

swfというFlashファイルの形式は、動画だけでなく、文字やビットマップ画像、ベクター画像、音声、オンラインゲーム及びそれらのレイアウトやアニメーションなども格納できます。ウェブサイト上で動く「Flashアニメ」の他、「flashゲーム」と呼ばれるネットゲームを作るのにも用いられてきて、以前では愛用される形式でした。よく見られる形式でしたが、もともと普通のメディアプレーャーでは対応しない形式で、ウェブサイト以外での再生がそれほど簡単ではなかったです。SWFファイルの再生は、そもそも人を困るネット問題のひとつです。

それに、アドビ株式会社が「Flashを2020年に終了する」ということを発表してから、新たなflashプレイヤーの開発も行われなくなり、SWF形式の再生はますます難しくなります。以前作成されたSWFファイルを持っている方は、Windows10でSWFファイルを再生する時、どうすればいいのかによく迷っているのでしょう。続いては、今にもよく利用できるswfビデオファイルの再生方法をまとめているので、ご参考になればと思います。

2. パソコンのブラウザで.swfファイルを開く方法

まず、最も使われている再生方法をご紹介しましょう。.swfファイルはまずWindows OS、Mac OSなどのパソコン端末に搭載されているブラウザで開いて再生することができます。全てのブラウザに対応するとは限りませんが、Internet Explorer(IE)とかのフラッシュサービスの提供されるブラウザを利用すれば、swfファイルをすぐに簡単に再生できます。

残念なことに、Google ChromeやFirefoxなどの人気ブラウザは、フラッシュのサポートが終了になったため、swfファイルの再生という拡張機能のインストールをサポートしていません。swfファイルをブラウザで再生するという方法はGoogle ChromeやFirefoxなどのブラウザでは実行できないので、Internet Explorer(IE)のブラウザがおすすめです。

swf-flash-video-file

お使っているWindows 10/Windows 7/Windows 8/8.1で標準搭載のInternet Explorer 11があれば、複雑な設定や第三者ソフトのインストールなど一切要らないで、単なる.swfファイルを直接Internet Explorerの検索枠にドラッグアンドドロップすることで、素早くswfファイルを流暢に再生できます。または、再生したいswfファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を選択して、その後、「Internet Explorer11」を選択すれば、swfファイルをIEブラウザで再生できます。

もしIEブラウザでswf動画ファイルをドラッグアンドドロップしても再生画面が開けられなく、再生に失敗する場合、2つの対策を利用してチャックしてみましょう。一つは、「このWebページはスクリプトやActive Xコントロールを実行しないように制限されています」という表示が出るか否かを確認することです。「このWebページはスクリプトやActive Xコントロールを実行しないように制限されています」という表示が出て、swfファイル再生を失敗にする場合、右側にあるタブ「ブロックされているコンテンツを許可」をクリックすれば、swfフラッシュファイルを再生できます。

play-swf-video-file

もしこの表示が出ないまま再生できない場合、対策2の方法でFlashプレイヤーをIE11で有効にしましょう。具体的たステップは以下のように:

①  IEブラウザを開いたまま、右上にある歯車をしている「設定」タブをクリックし、「アドオンの管理」をクリックします。
②  開いた別窓の下部にある「表示」の下にあるドロップダウンメニューを、「すべてのアドオン」に選択します。

play-swf-video-file

③  開いた窓に、右の列に「無効」を表示している行を探しましょう。「Shockwave Flash Object」を見つけると、その「無効」を示している「Shockwave Flash Object」をクリックします。
④  右下に見られる「有効にする」ボタンをクリックし、再生機能を有効にします。そしてIEブラウザを再起動し、もう一度swf動画ファイルを検索枠にドラッグアンドドロップすれば、swf動画は再生できます。

play-swf-video-file

3. SWF再生ソフトで.swfファイルを開く方法

Google ChromeやFirefoxなどの人気ブラウザでもフラッシュ拡張機能サービスを終止した現実を考えてみると、エクスプローラーはずっとフラッシュ対応とは誰でも保証できないことです。IE11はこれからどうなるかは分からないから、ブラウザ以外フラッシュビデオファイルを再生する方法も考えるべきです。

実はブラウザの他に、外部ソフトを利用することもswfファイルをWindows OS/Mac OSで手軽に再生できます。この節では外部ソフトを利用してswfファイルを再生する方法をご説明します。ソフトでのSWFファイル再生方法を言うと、2つがまとめられます。それは、Flash再生ソフトで直接再生と、変換ソフトで他の動画フォーマットに変換してから再生、という2つに分ける方法です。それでは一つずつご紹介しましょう。

3.1 SWFプレーヤー/flashプレイヤーで.swfファイルを直接再生

.swfファイル直接再生対応のFlash再生ソフトがたくさんあります。Flash再生ソフトを利用すれば、SWFファイルを直接に再生できるので、簡単で便利な再生方法に違いないでしょう。これからswf再生 に対応のソフトをいくつまとめます。

(1) Adobe flash player

play-swf-video-file

Adobe flash playerはフラッシュ技術の開発元のアドビシステムズにより開発された公式のフラッシュプレイヤーで、まずおすすめしたいです。公式サイトからアプリをダウンロードし、「Download the Flash Player projector」をクリックして開けば、インストールすることもなく、すぐに表示されるようになります。ダウンロード上だけでなく、使用上でも非常に便利です。プレイヤーにSWFファイルをドラッグ&ドロップすれば、あるいはメニュー左上にある「ファイル」から「開く」を選び、見たいファイルを選択すれば、フラッシュビデファイルが自動的に再生できます。

(2) Swiff Player

Swiff PlayerはWindows OSに対応する有名なフラッシュビデオ再生ソフトです。高速で簡単なSWFファイル再生ソフトとして、無料で使うのがそのメリットです。swfファイルの再生に対応し、ユニークなOpenGLハードウェアアクセラレーションのもと、フルスクリーンでしかも高いフレームレートでSWFファイルを再生でき、従来より人気のフラッシュ再生ソフトの一つです。Swiff Playerがあれば、Flash動画やゲームを直接に再生することができます。使用方法も簡単で、Swiff Playerをインストールしてからswfファイルを右クリックしプログラムから開くメニューからSwiff Playerを選択すれば、SWFファイルを再生できます。

(3)SWF Player

SWF Playerは軽量なSWF再生ソフトで、無料でSWFビデオファイルを再生できるポータブルなツールです。とても軽量でサイズが小さい代わりに、対応する形式が少なく、SWFファイルのみの再生が可能です。それに、一目瞭然なほど非常に簡潔なインターフェースで、設定などの機能が一切付かないです。単なるswfファイルを再生するツールとして利用すれば良いソフトかもしれませんが、これ以上の機能がほぼ含めていないので、swfファイルの他のフォーマットには対応しません。

3.2 変換ソフトで.swfファイルを変換して再生

2020年フラッシュの終了に従い、SWFビデオ形式もだんだん使わなくなることも最近ではよく議論されています。SWF形式も、今はまだ使えますが、これからいつか使えなくなるのか分からないから、SWF形式の古い動画形式を他の交換性の高い動画形式に変換して、永遠に保存できるように準備したほうが安心でしょう。SWFファイルこれからの存続を考えて、SWFファイルを変換して保存・再生することが意味深いです。

.swfファイルを変換ソフトでMP4、MKVなどの汎用性が高い動画形式に変換してから再生するのもSWF再生のもう一つの方法です。MP4などの汎用的な動画形式に変換すれば、いつか見れなくなってしまう前に古いSWFファイルを保存したり、汎用的な動画に変換してこれからも思い出に残したりしてみても良いかもしれません。

SWFファイルを変換して再生するソフト1:Freemake Video Converter

play-swf-video-file

Freemake Video ConverterはSWFを含み500以上のフォーマットとガジェット間のビデオファイルを変換できる無料のビデオ動画変換ソフトです。複数のファイルを一括して変換可能にし、無劣化で動画の拡張子を変更できるフリーソフトでもあります。また、一般の動画ファイルをFlashFLV、SWF、またはHTML5メディア形式に逆変換もできます。ファイルを追加、出力ファイル形式を選択、ファイルを変換スタート、というわずか3つのステップであらゆる動画ファイル形式に変換できます。設定完了したら「変換」をクリックし、SWFフィアルをほかの形式への変換を開始できます。

SWFファイルを変換して再生するソフト2:WonderFox HD Video Converter Factory Pro

play-swf-video-file

WonderFox HD Video Converter Factory Proは最近活躍になった人気の動画変換ソフトです。強力な動画変換ソフトとして、SWFやほかの汎用性の低い動画フィアルを開き、他の汎用性の高い動画ファイル形式に手軽に変換できます。

操作のほうでは、ソフトをダウンロードしインストールそして開いてから、メイン画面で「変換」ボタンをクリックして変換モジュールに入ります。「ファイル追加」をクリックし、真ん中の「+」ボタンで目標のSWFファイルを追加するか、別窓でswfファイルのあるフォルダを開いて、画面にドラッグアンドドロップします。続いて、「出力フォーマットを選択」タブで、「形式を選択する」リストから「動画」を選択します。底の逆三角形のアイコンを通じて出力ファイルの保存先を選択してから、「変換」をクリックし、SWFフィアルをほかの形式への変換完了を待てばいいです。

4. スマホで.swfファイルを再生する方法

.swfファイルをWindows/Macで再生する方法を紹介した後に、swf動画をモバイル端末(iPhone&iPad&スマホ&タブレット)で再生する方法を説明しましょう。スマホなどの移動端末でswfファイルを再生する方法として、最も便利なのはやはりアプリでしょう。ここでは、Iphone、Androidに対応で、便利で使いやすいswfファイル再生アプリをおすすめしましょう。

4.1 Android対応:SWFプレーヤー-フラッシュファイルビューアー(SWF Player - Flash File Viewer)

play-swf-video-file

アプリを携帯にダウンロードやインポートすれば、すぐにswfファイルを鑑賞できます。具体的なステップは、まずGoogle Play StoreからSWF Playerをチャックしてダウンロードし、デバイスにインストールします。続いて、ローカルファイルをクリックし、再生したいファイルを検索して選択します。それからはタップして、swfファイルは再生できます。ちなみに、再生中に戻るボタンをクリックすれば、画面上のコントロールボタンは開かれます。このアプリはフラッシュファイルを再生に専用するので、swfファイルも基本的には再生できます。

専用のアプリで移動端末でSWFファイルを再生する方法のほか、以上に触れた変換ソフトでSWFファイルを交換性の高い動画形式に変換してから再生という方法も移動端末用の再生方法として利用できます。SWF変換ソフトでフラッシュファイルを移動端末でも流暢に再生できるMP4などの形式に変換すれば、ご心配事なく、いつでもどこでもどんなデバイスでも手軽にswfファイル形式をしていたコンテンツを楽しめます。

4.2 Iphone対応:VLCメディアプレイヤー

play-swf-video-file

最後に、iPhoneやiPadに対応できるswfファイル再生アプリをご紹介しましょう。ここでおすすめなswf再生アプリはVLCです。VLCメディアプレイヤー(VLC media player)はswfフラッシュファイルを再生、再生スピード、画面の明るさ、音質などもカスタマイズできる便利なアプリです。iPhoneやiPadなどのiOS移動端末だけでなく、Windows、 Linux、Mac OS X、Unix、Androidを含みすべてのプラットフォームでも実行できるのが最大の特徴です。Apple、Android、Sony PSP、Xbox、Samsung、Nokiaなど、あらゆる機器向けの準備プリセットでswfファイルを交換性の高いMP4などの動画ファイルに変換できます。

5. まとめ

swf-video-file

以上では.swfフラッシュファイルを再生・保存できる色々な方法をデバイス別にご紹介いたしました。手元にあるデバイスによって、ブラウザまたはソフトを利用してもいいので、自分のベースに応じて手際よくSWFファイル再生をやってみましょう!注意しておきたいことに、swfフラッシュ技術がだんだん歴史の舞台から退き、HTML5と呼ばれる新しい技術が使われるようになった今の現実を考えて、手元にもし大事なSWFファイルがあれば、早めにいつまでも再生できるように、保存対策を考えるべきです。