ホーム > マルチメディア> WindowsやMacでVROファイルを再生する方法

WindowsやMacでVROファイルを再生する方法

2021-11-05 / Hanagi

「パソコンで動画ファイルを再生できない」という経験をしたことはありませんか。

動画ファイルには、それぞれ「拡張子」と呼ばれるものがついています。拡張子の種類には「VRO」や「MP4」「MPG」などがあります。ファイルの最後に「ファイル名.拡張子(mp4)」という形で表され、拡張子によりファイルの種類を識別するのです。

再生するデバイスやパソコンがその拡張子に対応していなければ、動画ファイルを再生することができません。

本記事では、拡張子の中でも特に「VROファイル」をパソコンで再生する方法について紹介します。VROファイルが再生できなくて困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

VROとは?VROファイルを再生できない原因は?

「VRO」とは、どのような拡張子なのでしょうか。

VROは、VRモードで記録された動画・音声ファイルのフォーマットで、DVDカメラやDVDレコーダーで動画を記録する際によく使用されます。

ほとんどのVROファイルは、「CPRM」というコピーガードが施されているため、コピーできず通常の方法で再生・編集することができません。

VROに対応しているパソコンであれば、そのまま再生可能です。しかし、VROは多くのパソコンで対応していない拡張子であるため、拡張子を変更するなどの工夫が必要となります。

WindowsやMacでVROファイルを再生する方法

ほとんどのWindowsやMacは、VROファイルに対応していません。そのため、WindowsやMacでVROファイルを再生するには、VROファイルに対応している専用の再生ソフトが必要となります。

しかし、現在の市場ではVRモードに対応しているソフトが少ないため、VROファイルをそのままの状態で再生することが困難です。

解決策として、「VROファイルを別の拡張子に変換し再生する」という方法が多く用いられています。

ここからは、WindowsやMacでVROファイルを再生する方法を紹介しましょう。

方法①:VROの拡張子をMPGに変更する

画像引用元:https://stat.ameba.jp

WindowsやMacでVROファイルを再生する1番簡単な方法は、VROの拡張子をMPGに変更することです。VROはMPGと同じくMPEG-2でエンコードされ、MPGはVROより汎用性が高く対応しているプレイヤーも多くあります。

変更手順は、以下の通りです。

1.VROファイルを右クリック
2.「名前を変更」を選択
3.拡張子「.vro」を「.mpg」に変更

ファイルの拡張子を変更する場合、ファイルのデータが損失したりファイルがうまく再生できなかったりする可能性があるため、注意が必要です。

方法②:VROを再生できる3つのおすすめソフト

VROファイルを再生する2つ目の方法は、VROファイルを再生できるソフトを使用することです。VROファイルをそのまま再生できるソフトを使用することで、手間をかけることなく再生できます。ここでは、VROを再生できるおすすめのソフトを3つ紹介しましょう。

おすすめソフト① PowerDVD

画像引用元:http://ww2.frontier-direct.jp

PowerDVDは、CyberLink社が開発したWindows用ソフトです。地デジ放送・BSデジタル・CS放送などを録画したディスクを含め、様々な形式のDVDを再生することができます。

PowerDVDには、値段により「Ultra」「Pro」「Standard」の3種類がありますが、テレビ録画DVDの再生が主な場合、一番安価なStandardでまかなえるでしょう。

おすすめソフト② WinDVD Pro 12

WinDVD Pro 12は、Corel社が開発したWindows用ソフトです。操作が簡単でサポートも充実しているため、多くの方にとって使いやすいソフトとなっています。

ビデオ再生・Blu-rayおよびDVDディスク再生ソフトの中でも、トップクラスの性能を持っているソフトと言えるでしょう。しかし、PowerDVDと比べ「動作が重く音が小さい」という特徴があるので、使用時には注意しましょう。

おすすめソフト③ AnyMP4ブルーレイプレーヤー

AnyMP4ブルーレイプレーヤーは、AnyMP4者が開発した再生ソフトで、Windows・Macどちらでも使用可能です。CPRM解除とVRO再生を標準機能として搭載しており、PCでDVDとブルーレイディスク・フォルダ・iSOイメージファイルを再生できます。

先に紹介した、2つのソフトより手ごろな価格で購入できる点が最大の魅力です。

方法③:VROをMP4に変換してから再生する

VROファイルをMP4に変換することも、VROを再生する方法の一つです。

MP4は汎用性の高い形式であるため、多くのデバイスやパソコンで再生することができます。そのため、VROファイルをMP4に変換することで多くのパソコンで再生が可能になるでしょう。

変換手順は以下の通りです。

1.VROファイルを読み込む
2.出力フォーマットを選択
3.VROを編集、パラメーター設定
4.VROの形式を変更

なお、使用ソフトやパソコンによって手順が多少異なるため、確認の上行ってください。

詳しくは、無料でVROをMP4に変換できるフリーソフト6選 記事をご覧ください。

方法④:CPRMを解除してISOファイルまたはフォルダにリッピングしてから再生する

VROファイルにかかっているCPRMを解除し、パソコンにリッピングするとVROを再生できるようになります。専用のソフトを使うことで、CPRMを解除することが可能です。

ソフトを使い、CPRMが施されたVROファイルをMP4などのデジタル形式にバックアップ、またはISOイメージとしてコピーしパソコンにリッピングします。

この作業を行うと、パソコンで再生可能です。さらに、別のDVDへコピーすることもできるようになります。

* リッピングとは、CDやDVDなどからデータを取り出し、パソコンに取り込むこと。

CPRMとは?

「CPRM」と聞いて、ピンとこない方も多いのではないでしょうか。

CPRMとは、DVDなどに記録されたコンテンツのコピー回数を制限する著作権保護技術の一つで、日本独自の技術です。

"一度だけ録画可能"という意味の、「コピーワンス」のテレビ番組を録画する時に使用されます。

コピーワンスのテレビ番組をHDDレコーダーからDVDにダビングしたものを「CPRM DVD」と呼び、CPRMを解除しない限りさらなるダビングができません。

市販されているDVDやレンタルDVDがダビングできない理由も、CPRMで保護されているためです。CPRMを解除すると、レンタルDVDをダビングすることができるようになりますが、CPRM解除は法律で禁止されています。

これは違法行為となるので、CPRM解除を行う場合は自己責任になることを理解しておきましょう。

CPRMを解除できる3つのおすすめフリーソフト

CPRMを解除できるソフトは種類が多く、使い慣れていない方はどのソフトが良いのかわからないですよね。

ソフトによっては操作が難しいものもあり、慣れていない方は使いこなせない可能性があります。自分にあったソフトを探し、使用するようにしましょう。

ここでは、CPRMを解除できるおすすめのフリーソフトを3つ紹介します。

おすすめソフト① CPRM Decrypter

CPRM DecrypterはWindows用のソフトで、CPRMに特化した製品です。デザインがシンプルで初期設定も簡単であるため、初心者にも使いやすいソフトとなっています。

DVDにかかっているCPRMを解除して、VROファイルを拡張子MPGに変更しMPEG2ファイルに変換することが可能です。

おすすめソフト② DVDFab Passkey for DVD

DVDFab Passkey for DVDは、有名なDVDFabソフトウェア会社が開発したソフトです。Windows用のソフトで、CPRMを解除できるだけでなく、CSSやリージョンコードなどの保護技術を解除することができます。

使い方もわかりやすく、無劣化でCPRM解除・ファイル出力を行うことが可能です。しかし、無料体験後は"有料"となるので、注意しましょう。

おすすめソフト③ 4Videosoft DVD リッピング

4Videosoft DVD リッピングは、Macに対応しているCPRM解除ソフトです。CPRM解除だけでなく、「AACS」といったコピーガードも解除することができます。

さらに、DVD変換機能も搭載しているので、DVDをビデオ・オーディオフォーマットに変換したりiPhone・PSPなどの機器に取り込める形式に変更したりすることが可能です。

操作も簡単なので、初心者でもスムーズに作業することができるでしょう。

まとめ

本記事では、VROファイルが再生できない方向けに、VROとはどのような拡張子なのかやVROを再生する方法を紹介しました。VROファイルを再生できるようにする方法はいくつかあり、自分にあった方法を選択できます。フリーソフトも多く開発されているため、お金をかけずにVROファイルを再生することが可能でしょう。

しかし、フリーソフトの場合は無料体験期間が決まっていたり、使える機能が限られていたりすることが多いので、使用頻度が高い方は有料版の購入をおすすめします。

前述しましたが、最後に紹介したCPRMを解除してパソコンにリッピングする方法は「違法行為」なので、あまりおすすめしません。それでも行う方は、自己責任であることを理解し、悪用しないようにしましょう。

VROファイルを他のデバイスで再生できるようにして、お気に入りの映像や音楽を家から持ち出し、どこにいても再生できるようにしませんか。