ホーム > フリーソフト> losslesscutの使い方の説明と日本語化のやり方

losslesscutの使い方の説明と日本語化のやり方

2021-09-09 / Hanagi

Losslesscutとは?

Losslesscutは、動画ファイルや音声ファイルを無劣化で高速にカットしたり連結したりすることのできるソフトです。動画の中の特定の場面を切り出し、切り捨て、連結することが誰でも簡単にできるようになります。

Losslesscutの主な機能

Losslesscutの特徴的な機能として、4つのものが上げられます。

  • デコード(伸長)や再エンコード(圧縮)を行わずに、高速でカット処理を行う機能
  • 動画内の特定の場面を静止画(jpeg・png)として保存する機能
  • 動画内のストリーム(映像・音声・字幕)を無劣化で取り出せる機能
  • 動画を無劣化で回転させる機能

Losslesscutの使い方を覚えればこれらの機能を誰でも簡単に使いこなせるようになるでしょう。誰にでも扱いやすいユーザーインターフェイスを持っているLosslesscutなら、これから動画編集を始めたいと思っている初心者にもおすすめです。

Losslesscutをダウンロードする方法

Losslesscutのダウンロード方法を説明していきます。

Windows版:https://losslesscut.jp.uptodown.com/windows

Mac版:https://losslesscut.jp.uptodown.com/mac

にアクセスして、「最新バージョン」をクリックします。

次のページで「ダウンロード」ボタンをクリックして、Losslesscutをダウンロードします。

Losslesscutは、インストールが不要で、ダウンロードした「losslesscut-3-37-0」ファイルをクリックするだけで、losslesscutを起動して利用できます。

Losslesscutを日本語化する方法

Losslesscutを日本語で使用する方法を説明します。

まず、Losslesscut.exeを起動します。メイン画面を開いたらメニューバー上にある「File」>「Settings」を選択しましょう。

設定画面が表示されるので、そこから一番上の「App language」欄内にある「日本語」をクリックしてください。

右上の「X」をクリックして設定画面を閉じることで、日本語化に関するすべての作業が終了したことになります。

それでも一部のテキストは英語で表示されますが、それは仕様ですので安心して下さい。

Losslesscutで動画をカットする方法

ステップ 1:Losslesscutで動画ファイルを読み込みます。

まず編集したい動画ファイルをメイン画面にドラッグ&ドロップするか、ドラッグ&ドロップするか、「ファイル」>「開く」をクリックして、動画ファイルを追加します。

ステップ 2:出力動画を編集します。

  • 必要な部分を切り出す:画面下部にあるシークバーや再生・一時停止ボタンなどを使い、切り出したい(または切り捨てたい)場面の先頭位置を探します。左側の👈アイコンを押して、開始位置を指定して、右側の👉アイコンを押して、終了位置を指定します。
  • 出力フォーマットを選択:トップメニューの「mp4 – MP4」ボタンをクリックして、出力ファイル形式を選択できます。

  • 音声を無効にする:トップメニューの「音声を保持」をクリックして、「音声を破棄」を選択したら、出力ファイルのオーディオに無効にします。
  • 出力ファイルを結合する:デフォルトでは出力ファイルは分割して保存されます。選択した場面をひとつに連結したい時は、画面右上にある「ファイル分割」ボタンをクリックして、「結合・切り取り」状態にしておきましょう。

  • フレームを撮影:画面右下にあるカメラアイコンをクリックすれば、切り出す場面を静止画として保存することも可能になります(保存形式はjpegとPNGから選べるようになっています )。

ステップ 3:編集したファイルの保存先を決めます。

Losslesscutのトップメニューの「作業フォルダ未設定」をクリックして、編集したファイルの保存先フォルダを選択します。

ステップ 4:Losslesscutで切り出すファイルを出力します。

すべての選択が終わったら、画面右下にある出力ボタンをクリックします。完了という通知が来たら、処理がすべて終了したということです。

Losslesscutを使って複数の動画ファイルを連結させる方法

ここではLosslesscutの機能のひとつである、複数の動画ファイルを連結する方法を説明していきます。メニューバー上のツールから、ファイルの結合を選んでください。

そうすると、ファイルを選ぶダイアログが表示されるので、連結したファイルをすべて選択して、画面右下にある「開く」ボタンをクリックしましょう。

ファイルの結合連結というダイアログが、表示されます。必要と感じればファイルをドラッグ&ドロップしておいて、連結順を調整しておきましょう。

連結対象の動画の中に複数の音声や字幕トラックが含まれている場合、通常デフォルトトラックが消去されます。すべてのトラックを含んだまま処理を行いたい場合は、左下にあるすべてのトラックを含めるというボックスにチェックをいれましょう。これでいいと思ったら、「結合」ボタンを押してしばらく待ってください。指定されたフォルダの中に連結されたファイルが出力したのを確認した段階で、すべての作業が完了したことになります。

Losslesscutを使って動画に含まれるすべてのストリームを抜き出す

ここではLosslesscutの機能のひとつである、動画の中に含まれているすべてのストリームを、抽出する方法を説明していきたいと思います。

まずは、ストリームの抽出を行いたい動画ファイルをメイン画面にドラッグ&ドロップします。画面左上にある「トラック」ボタンをクリックしてください。

「エクスポート時に保存したいトラックをクリックして選択します」という画面が表示されるので、一番下にある「それぞれのトラックを個別のファイルとして抽出」を選択しましょう。

「すべてのトラックを個別のファイルとして抽出します」というダイアログが表示されます。ダイアログが確認できたら「すべてのトラックを抽出」ボタンを押しましょう。

指定したフォルダに動画に含まれている映像、音声、字幕ファイルが抽出されます。確認し終えた時点で、すべての作業が完了したことになります。