ホーム > マルチメディア > MP4動画をGIFに簡単に変換作成できる方法
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
Y2Mate DRMダウンローダー
Y2Mate DRMダウンローダー
動画配信サービスからのダウンロードに最適な選択

MP4動画をGIFに簡単に変換作成できる方法

2022-01-04 / Hanagi

「GIF」という名のファイルは、日々インターネット上で非常に多くシェアされています。Twitterやブログなどのサイトで見かける、「.gif」ファイルは印象的な場面を切り取って簡単な動画にすることができるので、端的に内容を伝えたい、アピールしたい場合にとても有効です。

音声だけでなく、動画の記録に用いられることが多いMP4から最適な形で、シェアしやすいGIFに変換することが手軽にできるようになれば、SNSやサイトを運営している方にはとても強力な武器のひとつになります。MP4動画を簡単にGIFファイルに変換する方法を確認していきましょう。

MP4とは?

MP4は、現在最も汎用性が高く使用されているデジタルファイルフォーマットです。動画や音声を記録・格納するのはもちろんのこと、多くの字幕や静止画においても格納できるスペックを持っています。インターネット上でストリーミングを見る際や、そのデジタルデータをハードドライブに保存するために利用されるデジタルファイルフォーマットです。

iPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンや、You Tubeやニコニコ動画などの動画再生アプリやサービスと言った、私たちの周りにある動画再生関連のものにはMP4が採用され、利用されています。

GIFとは?

GIFは、「グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット」の略称であり、画像データを圧縮して記録することができるファイル形式のひとつです。音声サポートがないことが特徴ですが、256色の画像を劣化することなく圧縮することができ、動画だけでなく図やイラストなどの画像イメージを共有しやすいフォーマットと世界中で人気があります。

画像中の単色を選んで背景が透けて見える「透過GIF」や静止画を連結して簡易的な動画を作成することができる「アニメーションGIF」、一部のデータのみ受信して全体画像を確認することができる「インターレースGIF」といったユニークな拡張仕様があり、GIF人気のひとつの原動力となっています。

MP4をGIFに変換するメリット

SNSや個人サイトでは、「画像」や「動画」が利用することで、言葉や文章では表現することができない部分を伝え・伝わることができます。ただ、シェアするツールによっては、動画や画像を「そのまま」共有することができない場合があります。動画ファイルの制限がかかっていたり、適したフォーマットやサイズでない可能性もあるからです。

インターネット上にある無数のデジタルファイルの多くはMP4フォーマットであり、MP4ファイルを利用して動画をシェアしたいと思っても、気軽にシェアできず諦めることもあり得ます。MP4ファイルはそのままに、気軽にシェアできる代替ファイルのひとつとして「GIF」動画は非常に注目されています。

MP4の動画をGIF変換することにより、ファイルサイズが小さくなりシェアしやすくなることが注目を集める理由です。残念ながらMP4動画に比べれば画質は落ち、音声データを添付することはかないませんが、「気軽に」「便利に」「わかりやすい」画像をつくることができる魅力は大いにあると言えるでしょう。

また、サイズ容量を落とすことで保存がしやすくなるのは、ユーザーにとっても有意義なことになります。何より「動画」形式ではなく、「画像」形式であるとGIFファイルは識別されるため、動画ファイル制限のあるサイトにもアップロードが可能となります。

静止画を連結したGIFアニメーションファイルにすれば、動くアイコンやスタンプを作成することも可能となるのです。

MP4からGIF変換できるフリーソフト 8選

多くの利用者がおすすめできるとするMP4からGIF変換できるフリーソフトは、「VideoProc」です。

【思うままにGIF変換を行うことができる「VideoProc」】

・GIF画像の解像度を自分で設定することができる
・GIF画像のループ数設定をカスタマイズ可能
・フレーム遅延の設定によりGIF画像の再生速度が調整できる
・GIF画像のファイルサイズを小さく抑制しながら高画質を維持
・WindowsではなくMacにも対応

こういった特徴を持ちつつ、多くの形式対応や機能を持っているため、継続的にMP4からGIF変換したいユーザーにおすすめできます。

【VideoProcを利用した変換手順】

画像引用元:videoprocの公式サイト

① VideoProcソフトをダウンロード
② 起動後、左アイコンの「ビデオ」をクリック
③ 上部メニューバーの「+ビデオ」をクリック→変換するMP4動画を追加
④ 下部の「ツール」をクリック
⑤ 「ツール」のすぐ左上にある「GIF作成」をダブルクリック
⑥ 左側の動画再生ボタン「▶」を押して再生開始
⑦ 「▶」横の時間軸でGIF変換する抽出場面の時刻を確認し、下の開始時刻と終了時刻を設定
⑧ 左側で「ループ数」「画像サイズ」「持続時間」「フレーム遅延」を設定
⑨ ⑦と⑧の設定が完了したら左下の「完了」をクリック
⑩ 「RUN」アイコンが出現し、クリックしたらMP4からGIFへ変換開始

上記のように、MP4ファイルがあれば変換作業は大変なものではありません。

代表的な無料フリーソフトはまだまだあるので紹介します。
【UniConverter】
【動画→GIFアニメ変換Tool】
【GIMP】
【Free Video to GIF Converter】
【Movie To GIF】

これらは、MP4に限らず多くの動画ファイル変換ソフトです。1つダウンロードしておけば、様々なファイル変換を行うことが可能です。また、それぞれの手順に関してもソフトがダウンロードされていれば難しいことはありません。

MP4動画の一部だけを素早く切り取ってGIF変換したい場合には、この中から「Free Video to GIF Converter」と「Movie To GIF」をおすすめします。確認と指定を一部だけに行うことがひとつの画面でわかりやすく行うことが可能です。

movie to gif

画像引用元:https://kensirou.com/

MP4からGIF変換できる無料オンラインサイト 8選

人気があり使いやすい、代表的な無料オンラインサイトをいくつかご紹介します。

【「ラッコツールズ工房」サイト】

見やすいトップ画面で、すぐにMP4からGIF変換への入力が開始できます。
シンプルだけれども、時刻・速度・幅・高さなどが自由設定可能です。

https://rakko.tools/tools/86/ へアクセス
② 左側上の「ファイルを選択」をクリックしアップロード
③ 時刻などを設定
④ 下部の「GIF作成」をクリック→MP4からGIF作成開始
⑤ 「ダウンロード」ボタンが表示されクリック→ダウンロード先とファイル名を設定しクリックしたら保存完了

【Adobe Spark】

サイト全体の字体や画像がとても見やすくなっています。
サイト上部から下部に沿って進んでいけば、自然にMP4からGIFへ変換することができます。

https://www.adobe.com/jp/express/feature/video/convert/mp4-to-gif へアクセス
② 「MP4動画をアップロードする」をクリックして動画を選択
③ 「変換」をクリック→MP4からGIF作成開始
④ 変換後、サイズ選択やトリミング、アスペクト比の変更が可能(必要な場合のみ)
⑤ 選択や変更後ダウンロード先を指定して保存完了

【Convertio】

全てのビデオコンバーターを行いたい人が使用できる人気の無料オンラインサイトです。出来ないことはない、というぐらいのサイトですから様々な用途を併用したい方はぜひおすすめしたいです。用語解説などもしっかりあるので、他のサイトで調べる必要などないのでひとつのサイトで完結したい方におすすめです。

https://convertio.co/ja/mp4-gif/ へアクセス
② 左側真中の赤いボタン「ファイルを選ぶ」をクリック→コンピューターやGoogleドライブ、Dropbox、URLなど選択先を自由に設定可能
③ 「GIFへ」をクリック→MP4からGIF作成開始
④ ダウンロード先等を指定して保存完了

【ACONVERT.COM】

3つのステップで変換ができ、入力画面の下部にステップの詳しい説明がされています。注意事項なども書かれているので、変換作業に不安がある人におすすめ無料オンラインサイトです。

https://www.aconvert.com/jp/video/mp4-to-gif/ へアクセス
② 「FILE」「URL」を選択し、「ファイルを選択」をクリックする
③ 「オプション」と「GIFの長さ」を選択
④ 「今すぐ変換」をクリック→MP4からGIF作成開始
⑤ 「変換結果」が表示され、ダウンロードアイコンをクリックして保存完了→保存先をGoogleドライブやDropboxへ保存可能

無料オンラインサイトは、トップ画面から変換作業をすぐにすることができるサイトがほとんどです。手順と説明がわかりやすいことが特徴で、気軽にMP4からGIF変換を行いたい人にはとても便利に使うことができます。
その他代表的な無料オンラインサイトをご紹介します。

【Onlineconvertfree.com】
https://onlineconvertfree.com/ja/convert-format/mp4-to-gif/
【anyconv.com】
https://anyconv.com/ja/mp4-to-gif-konbata/
【MICONV】
https://miconv.com/ja/mp4-o-gif/
【GIF TO MP4】
https://giftomp4.com/ja/

フリーソフトのメリット、無料オンラインサイトのメリット

MP4からGIF変換するにあたって、フリーソフトでも無料オンラインサイトでも共通する点は、「完全に無料で制限がない」ことがあります。どちらもGIF変換をすることをためらう必要は全くないということです。

では、どちらを使えばいいのかということであれば以下で判断してみましょう。

・フリーソフト
① ダウウンロードをするためパソコンへの危険性はなし「安全安心」
② 様々な機能を駆使してGIFをさらに加工することができる「高機能」
③ 画像の品質がGIF変換したと思えない「高品質」
④ 作業スピードが「高速」
⑤ 画面上の「広告なし」

・無料オンラインサイト
① インストールの時間やパソコンの容量を気にしなくていい
② MP4からGIF変換のみに特化しているので「わかりやすい」「使いやすい」

自分自身が望むGIF画像がどのようなものか、で判断してもらうのが一番ではあります。まずは「無料オンラインサイト」で変換作業やダウウンロード後のアップロードに慣れていき、さらに技術の向上や多様さを求める場合にはフリーソフトへの挑戦でもいいかもしれません。どのような用途を期待するかによっても選ぶことが出来る点が魅力だと言えるでしょう。

まとめ:MP4からGIF変換、簡単だと思いませんか?

GIF画像は、シェアする際にとても効果的だからこそ、多くのSNSやサイトで人気があります。音声データをつけることはできませんが、ファイルの容量がかなり縮小されることになります。「誰もが」「どこでも」「気にすることなく」見ることができる、というのは、SNSやサイトには最適で効果的なのです。今後もGIF画像は使用されていくことは間違いありません。

SNSやサイトでシェアされてくるGIF画像はこのように出来ているのだ、簡単に作成することができる、とご理解いただけたでしょうか。「誰かが作ってくれるGIF画像」から「自分が作成することができるGIF画像」をイメージしていただけたらと思います。