ホーム > ピックアップ> PS5の価格、新しい機能、バージョンなどについてご紹介

PS5の価格、新しい機能、バージョンなどについてご紹介

2021-11-05 / Hanagi

目次

PS5は、そのコストパフォーマンスの良さも話題になった製品ですが、そのPS5よりもさらに安い「PS5 Digital Edition」も登場しました。

登場から1年弱経った今も人気が絶えないPS5ですが、「PS4とはなにが違うの?」「PS5 Digital Editionってなに?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなPS4の見所を簡潔にわかりやすく紹介していきます。PS5について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

PS5の概要

PS5は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントによって2020年11月12日に発売されたプレイステーションシリーズの最新モデルです。PS4に比べ性能やスペックが格段に上昇したPS5は、発売当初から現在までかなりの人気を誇っています。

ここだけは見逃せない!ハイスペックなPS5の目玉機能

大人気のPS5ですが、そもそもどんな魅力があるのでしょうか。ここからはPS5の新機能やスペックの中から、特に「PS5を語る上で見逃せない魅力」となる部分を厳選してご紹介していきます。

読み込み速度が100倍に!ロード時間の大幅短縮

PS5の大きな売りの一つが、ロード時間の大幅短縮です。ゲームプレイ中についついもどかしさを感じてしまうのが、長いロードの時間。本ハードは、そんなロード時間の短縮に力を入れています。

従来製品であるPS4で使用されていたストレージは、HDD。こちらは1秒あたりのロードスピードが50MB〜100MBとなっており、2GBの読み込み/書き込みには40秒程度の時間を要していました。一方、PS5では新たに超高速SSDを使用しています。こちらは、HDDのおよそ100倍のロードスピードを誇る高性能ストレージです。

2GBの読み込み/書き込みにかかる時間は、なんと約0.3秒。驚異のスピード感で、ストレスなく快適にゲームを楽しむことができますよ。

レイトレーシングアクセラレーション機能への対応

続いてご紹介するPS5の魅力は、レイトレーシングへのサポートです。

プレイステーション対応ゲームは、そのグラフィックの美しさが大きな魅力の一つとなっています。そのような解像度の高いゲーム内における、水や光の反射表現。こういった繊細で美しい演出をしっかりと画面に写しとる機能がレイトレーシングです。

夜の景色に輝く街灯の明かり、高層ビルに映る風景。レイトレーシングありとなしでは、ゲーム画面に映る風景のリアルさが全く違います。この機能により、プレイヤーはますます高い臨場感を持ってゲームの世界を堪能することができるのです。

PS4ソフトとの互換性も高い

さらにPS5は、PS4タイトルのプレイにも対応しています。その対応割合は、99%以上。ほとんどのPS4タイトルを、高スペックなPS5で遊ぶことができます。PS5でプレイすることで、今まで遊んでいたPS4のソフトをより一層楽しむことができますよ。

前述の超高速SSDで、ロードスピードが上昇。これにより、PS4で遊んでいた頃よりもスムーズに読み込み/書き込みが行われます。また、フレームレートが向上したことでますます滑らかな映像が実現されます。4K対応の一部のゲームソフトの場合、さらに高品質な映像体験を楽しむことができますよ。

ストレスフリーなプレイ体験と、よリアルな臨場感をもって遊べるPS5。過去の作品を2度楽しむチャンスになることでしょう。

なお、PS4ソフト「Joe's Diner」、「Robinson: The Journey」の2作品はPS5でプレイできないことが発表されています。また、後述する「PS5 Digital Edition」ではPS4のパッケージ版ソフトを遊ぶことができませんので、ご注意ください。

没入感たっぷりのTempest 3Dオーディオ

さらにPS5には、最新機能「Tempest 3Dオーディオ」が搭載されました。

こちらは、360度から立体的な音響を楽しむことができる技術。3Dサウンドのための専用プロセッサを搭載することで、よりゲームの世界観に入り込むことができます。銃の音や敵の足音、弓が飛んできては通り過ぎる音…ゲームの中で鳴る全ての音を、主人公の視点に立って聞くことができます。

まるで自身がその世界に入り込んだかのように、圧倒的な没入感を味わえますよ。

PS5の値段は?2種類ある違いとは

ここまで、PS5の数々の新機能・高スペックな点をご紹介してきました。

そんなPS5は、39,980円から購入することができます。

発売前はその高性能ゆえに「10万円を超えるのではないか」とまで予想されたPS5でしたが、実際はそれを大きく下回る価格でした。その価格設定はネット上の人々を驚かせ、発表当時Twitterでは「PS5安すぎ」のワードがトレンド入りを果たしました。

今回のPS5は、通常版である「PS5」と「PS5 Digital Edition」の2種類が用意されています。

PS5の価格は49,980円、PS5 Digital Editionは39,980円です。

通常価格より1万円も安く購入できるPS5 Digital Edition。

では、この2つの違いとは一体なんなのでしょうか。

PS5 Digital EditionとPS5の違いは?どちらを買うべきか

「PS5 Digital Editionの方が1万円も安いということは、かなり性能に差があるのではないか」と思われる方もいるでしょう。しかし、ゲームをプレイする上で関わってくる基本性能は変わりません。

この二つの大きな違いは、「光学ディスクドライブを搭載しているか否か」です。PS5 Digital Editionには光学ディスクドライブが搭載されていないため、ゲームディスクを入れてPS4のゲームを遊ぶことができません。また、映像ディスクを入れてブルーレイやDVDを見ることもできません。

逆に言えば、「ダウンロード版のゲームさえできればいい。映画を見たいとは思わない」という方にとってPS5 Digital Editionはかなりのコスパの良さということになります。

そのほか、PS5 Digital Editionはサイズ感もやや小さめとなっているのが特徴。PS5よりも12mm薄く、重さもおよそ0.6kg軽くなっています。コンパクト感を求める方にもおすすめですよ。

映画やディスク版のPS4ソフトを楽しみたい方には、PS5がおすすめです。

据え置きのディスク再生機器として映像作品を視聴できる点、過去のパッケージ作品を楽しめる点を考えると、1万円の価値は十分にあるでしょう。購入目的や楽しみ方と照らし合わせながら選択してみてくださいね。ハイテク機能と高スペックを搭載したPS5を楽しもう

まとめ

今回の記事では、PS5の目玉となる性能・スペックなどについてご紹介しました。

最後に、この記事の内容をまとめます。

PS5の主な魅力は、

● 超高速SSDによるロード時間の大幅削減
● レイトレーシングへの対応によるリアルな映像の実現
● PS4との互換性の高さ
● Tempest 3Dオーディオによる立体音響

でした。

また、PS5の価格は49,980円、PS5 Digital Editionは39,980円となっています。

PS5とPS5 Digital Editionの大きな違いは、「光学ディスクドライブを搭載しているかどうか」。DVD・Blu-rayといった映像作品、プレイステーションのパッケージ版タイトルを楽しみたい方はPS5を選択することをおすすめします。

逆に、安さを求める方・映像作品やパッケージ版タイトルを楽しむ予定がない方・軽量感を求める方はPS5 Digital Editionを購入するのが良いでしょう。

PS5はソニーストアやAmazon、そのほか家電量販店等で販売中です。

この記事を参考に、ぜひ購入を検討してみてくださいね。