ホーム > マルチメディア > Avidemux一番詳細な使い方・動画編集する方法を解説
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
Y2Mate DRMダウンローダー
Y2Mate DRMダウンローダー
動画配信サービスからのダウンロードに最適な選択

Avidemux一番詳細な使い方・動画編集する方法を解説

2022-07-08 / Hanagi

今回の記事では、無料動画編集ソフトAvidemuxの使い方を詳しく紹介します。Avidemuxを日本語化する方法を教えます。Avidemuxの最新バージョンのダウンロード方法や、Avidemuxを使った動画編集方法なども含まれます。Avidemuxの使い方を知りたい方は、ぜひ今回の記事をお見逃しないでください。

Avidemuxとは

AvidumuxはGPLプロトコルに準拠したオープンソースのクロスプラットフォームのビデオ編集ソフトウェアです。Avidemuxは動画編集ソフトとしてはそれほど強力ではないかもしれませんが、無料で利用できるのが最大の強みです。基本的なカットや結合、リサイズ、フォーマット変換、クロップ、色調補正、音ズレ補正など優れた機能が搭載されています。そしてAvidemuxの最大の特徴は、多くのフォーマットに対応していることで、Mac、Windows、Linuxなどのosで利用できます。

Avidemuxの使い方を説明する前に対応しているフォーマットを紹介します。Avidemuxは,動画ファイルに複数のフィルタを設定できる無料の動画編集ソフトです。シャープやボケ、ノイズ除去など70種類以上のフィルターを標準装備し、思いのままに映像を作ることができます。Avidemuxは非常にオープンな動画編集ソフトで、一般的に見られるフォーマットに対応しています。以下に紹介するフォーマットは、入力フォーマットと出力フォーマットの両方に対応する。

Avidemux対応フォーマット

音声フォーマット:AAC,AC3,MP3,MP2,Vorbis,WAVPCM,WAV-LPCM,WMA.

ファイルフォーマット:AVI、Flash Video、写真(BMP,JPEG)、Matroska(Beta)、MP4、MPEG(VCD/SVCD/DVD兼容)、OGMに対応しています。

ビデオフォーマット:FFV1、H.263、H.264/MPEG-4 AVC、Snow、HuffYUV、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、MJPEGに対応しています。

コーデック:MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、MJPEG、H.263、H.264、FFV1、HuffYUV、Y800に対応しています。

Avidemuxのダウンロード・インストール

まず、Avidemuxの公式サイトにアクセスして、お使いのPCのバージョンによって対応のAvidemuxをダウンロードします。Avidemuxの公式のウェブサイトを開いて、私達はほとんどすべてのコンピュータのシステムのバージョンがすべてあることを見ることができて、みんなは自分の必要によってダウンロードすることができます。

ここで、「Avidemux 64bit Windows Installer」をクリックします。

そして、ダウンロードした「Avidemux 2.8 VC++ 64bits.exe」を開きます。提示のように、英語のインタフェースなら「Next」>「I Agree」>「Install」>「Finish」の順でAvidemuxをPCにインストールします。日本語のインタフェースなら「次へ」>「完了」の順で最後に、指定された保存先でAvidemux のフォルダを確認します。

Avidemuxの日本語化

Avidemuxは海外で開発されたソフトなので、メニューはすべて英語で表示されます。英語が苦手な人には戸惑うかもしれません。そこで、Avidemuxを日本語で設定して、何の障害もなく使えるようにする方法をご紹介します。

ステップ1:まずは、サイトTiltStr::不定期版: Avidemux - 日本語言語ファイル (seesaa.net)にアクセスします。PCの環境によって対応のファイルを選択します。ここで、「ver.2.8.0 ( 64bit)」をダウンロードします。

ステップ2:ダウンロードした圧縮ファイル「Avidemux _v2.8. 0jp3.zip」をクリックして、解凍します。次は、先に指定された保存先にあるAvidemux フォルダを開きます。「qt5」>「i18n」の順で開きます。

ステップ3:解凍フォルダ「Avidemux _v2.8. 0jp3.zip」内の「avidemux_ja.qm」を「i18n」にドラッグ&ドロップして上書き保存します。これでAvidemuxの日本語化は完了です。

Avidemuxの使い方•動画を編集する手順

Avidemuxのインストールが完了した後、そして日本語化もしました。ここまで準備作業はほぼ終わりだ。続いて、Avidemuxの使い方をご紹介していきます。Avidemuxは、さまざまな動画編集機能を備えた無料の動画編集ソフト。復数のビデオフォーマットに対応し、切り出し、組み合わせ、リサイズ、フォーマット変換、クロップ、色調補正、音間違い補正、回転などの優れた机能を備えています。Avidemuxの使い方を紹介しよう。

Avidemux起動&動画ファイルを読み込む

まず、Command+Shift+Aを押してアプリケーションフォルダを開き、「Avidemux」をダブルクリックして起動します。メニューバー上の「ファイル」→「開く」から、編集したいファイルを読み込みます。

動画編集する

・Avidemuxで動画をカット

操作画面の下にシークバーがあるので、動画を確認しながら開始位置と終了位置を決めます。また、左右ボタンでフレームを動かせ、細かく調整してピンポイントでカットする範囲を決めます。

開始位置を決めたら、「A」ボタンをクリックします。そして、同じ方法で終了位置を決めて、「B」ボタンを押します。最後に、メニューバーから「編集」>「カット」をクリックすると動画カットができます。

・Avidemuxで動画結合

動画の結合は、解像度、フレームレート、コーデック、拡張子が同じなら結合できます。メニューバーから「ファイル」>「追加」の順で動画を追加すれば、動画を元の動画の後ろに結合できます。

・Avidemuxで動画を音声抽出

まず、メニューバーで「音声出力」で出力形式を選択します。或いは「音声」>「トラックを選択」で出力形式を選択します。そして「音声」から「音声を保存」を選択して(動画には複数の音声トラックがあるなら、「音声」から「トラックを選択」を選択して抽出したいトラックのみを「有効」にする)、最後に、保存先を指定し名前を付けると音声ファイルを保存します。

・Avidemuxで動画にフィルターをかける

メニューバーから「映像」>「フィルター」を選択します。

「映像フィルターの管理」ウィンドウを開いて、フェードや上下反転、回転、ロゴ追加、クロップ、インターレース解除等様々なフィルターを利用できます。

・Avidemuxで音ズレ補正
音声出力にある「シフト」を有効にすると音ズレを補正できます。音が遅れている場合はマイナス方向に数値を調整します。
・Avidemuxでフィルター
映像/音声出力をCopy以外にするとさらに細かい編集を施せます。トランスフォームではクロップやトリミング、カラーではフィルターや色相などを設定できます。

・動画保存

Avidemuxで動画を編集した後、「映像出力」で出力形式を選択します。

保存メニューバーから「ファイル」→「保存」→名前を付けて、保存先を指定したら「保存」をクリックします。

無料動画ダウンロードソフトStreamGAGAおすすめ

Avidemuxを紹介したら、動画編集も自分でやってみたくなりますよね。では、動画編集を行う素材はどこからダウンロードするのでしょうか?最后に、とても使いやすい動画ダウンロードソフトStreamGaGaをお勧めします。StreamGaGaは、Netflix、HBO、Disney+、Amazon Prime、Hulu、Paramount、Chrunchyroll、Funimation、Discovery Plus、U-Nextなど、1000以上のウェブサイトから映画をダウンロードするためのワンストップソリューションです。皆さんが好きな動画を自由に編集できるように。ぜひStreamGaGaをダウンロードして、やってみてください。