ホーム > マルチメディア > VOBからMP4に変換して動画を観たい!使いやすいツールを紹介
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
Y2Mate DRMダウンローダー
Y2Mate DRMダウンローダー
動画配信サービスからのダウンロードに最適な選択

VOBからMP4に変換して動画を観たい!使いやすいツールを紹介

2022-06-21 / Hanagi

動画ファイルにはいろいろな形式があり、それぞれに圧縮比や主に利用されるデバイス、再生ツールが異なります。問題は、あるツールでは再生できるものの、他のツールやデバイスでは使えないという事態が起こることです。そのため、もともとのファイル形式を対応する形式に変換する必要が出てきます。この代表的な例が、VOBという動画ファイルです。VOBとはどんな形式なのか、汎用ソフトやデバイスでも見られるようにするにはどうしたら良いかをチェックしてみましょう。

VOBの概要

vob

VOBとは、「Video Object File」の略で、映像や音声を記録するためのデータファイル形式です。ファイル名の後ろにつく拡張子は「.vob」となります。

vob

このVOBファイル形式は、主にDVDビデオで使われているものです。そのため、DVDをパソコンでファイル閲覧してみると、VIDEO_TSフォルダにVOBの拡張子で付けられている動画ファイルがあります。

DVDにはいくつものファイルが保存されているのですが、そのうち、VOBは特に映像や音声などのコンテンツそのものを扱うものとして利用されています。

VOBは、コンテンツファイルを圧縮する形式として、複数のタイプに対応しています。たとえば、音声であればMP2やAC3などを使うことができます。映像についてはMPEG1とMPEG2が利用されることが多いです。

VOBファイルの再生

このVOBファイルについては、当然DVDプレーヤーを使って再生することを想定して作られていて、プレーヤーに入れれば自動的に再生開始する仕組みとなっています。一方で、パソコンやスマホといったデバイスについては、専用のソフトを使わないと再生できません。いわゆるDVD再生ソフトや、VOBファイルそのものに対応しているメディアプレーヤーをインストールして使うことになります。

このように、VOBは、DVDというディスクと専用機器での利用をメインとして使われているファイル形式です。そのため、パソコンで再生したりコピー、編集したりする場合には、多少の手間がかかります。そのままの形でも問題なく使えますが、楽に操作したりシェアしたりするためには、他の汎用ファイル形式に変換した方が良いのです。

やはりいろいろなファイル形式の選択肢がありますが、MP4は最も汎用性が高く多くの人に使われているものなので、こちらに変換すると使いやすいです。

VOBからMP4ファイルに変換するメリット

vob mp4 変換

MP4とは、圧縮された動画ファイルをまとめる形式のことです。MPEG4という形で圧縮された動画を利用したもので、音声と映像を一つのファイルの中にまとめて簡単に再生や編集ができるようになっています。圧縮技術に優れているため、小さな動画サイズでも精度が高くきれいな映像を再生できるのがメリットです。

また、スマホや動画再生機器、インターネット上のツールでも再生できて、幅広いシーンで利用できるのが特徴です。さらに、ネットでのストリーミングができるというのもメリットで、動画広告やSNSライブ配信などでも使えるため、必須の動画ファイル形式と言えます。

こうしたことから、利用シーンが限定されるVOBからMP4に変換することは、大きなメリットを生みます。例えば、DVDに録画した個人の思い出を投稿したり、パソコンで保存したりするのに適しています。とはいえ、VOBとMP4では基本的なファイル構造が異なりますので、単に拡張子を変えるだけでは当然使うことはできません。データの構造やファイルそのものの変換をする必要が出てきます。これにはファイル形式を変換してくれるアプリもしくはソフトを使うのが、一番簡単で確実な方法です。

実際に、ダウンロード版でもオンラインサービスでも、たくさんの変換ツールが出てきますので、簡単に利用できます。ほとんどのツールで、元のVOBファイルを選択すれば、自動的にMP4に変換して新しいファイルを作ってくれる仕組みになっています。かなり簡単な作業で変換できるので、とても便利です。

VOBからMP4に変換するツールの選び方

変換ツールは、たくさんあるので、どれを使ったら良いか迷ってしまうかもしれません。そこで、自分に合ったツールを選ぶ必要があります。

まず、一つの考え方として、インストールしてオフラインでも使える動画変換ソフトにするか、インストール不要のオンラインサービスを使うかという選び方です。

比較 動画変換ソフト オンラインサイト
メリット
  • インターネットにつながっていなくても、ソフトを立ち上げればすぐに変換ができる
  • いちいち重い動画ファイルをネット経由でアップロードしなくて済むので、かなり作業終了までの時間を短縮できる
  • 完全無料でできるものも多いので、必要な時に気軽に使える
  • オンライン版だとスマホからも利用できるものもあるので、デバイスを選ばない
  • Macユーザーも利用可能
デメリット
  • 有料であることが多い
  • ソフトをインストールするためのディスク容量を食ってしまう
  • Macユーザーだとダウンロードして使うツールがあまりない

  • DVDに保存されているデータは容量がかなり大きなものが多く、オンライン版だとファイルをアップロードするだけでかなりの時間がかかってしまう
  • 無料サービスだと対応できる容量に制限がかかっていることがあるので、長時間の動画だと対応できないケースも出てくる
  • そもそもインターネットに接続していないと利用できないものなので、オンラインで使うことが最低条件となる

変換ツールの選び方として、もう一つ注意したいのが無劣化できるかということです。

前述の通り、VOBからMP4への変換はファイル容量が大きくなることが多いので、サービスによっては画質や音質を下げて軽くして変換をしています。そうなると、画像が荒くなるなどの問題が出てきます。もちろん、再生サイズの小さなSNSなどに投稿するだけで充分ということであれば、それで問題ありません。しかし、きれいな映像を残したいということであれば、無劣化の変換をしてくれるサービスを選んだ方が良いです。

使いやすいVOBからMP4への変換ツール

フリーソフトで、VOBからMP4への変換をしてくれるツールはいくつもあるので、その中から使いやすく多くの人に支持されているものをピックアップして紹介していきます。それぞれに操作性や対応しているファイルの種類、機能の豊富さなどが異なります。それぞれの特徴を捉えて、使いやすいと思うものを選びましょう。

Freemake Video Converter

サイト:https://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

ダウンロード、インストールして使うタイプのフリーソフトです。一度ソフトを導入してしまえば、オフラインでも変換ができ、操作が簡単でスピーディーというメリットがあります。そのため、動画ファイルの変換をすることが多い人におすすめのツールです。パソコン上に保存しているVOBからの変換はもちろんのこと、DVDディスクから直接変換することもできます。

MP4だけでなくAVIなどのいくつものファイル形式にも対応していますので、目的に合わせて利用できるのもうれしいところです。さらに、変換する画質についても調整ができます。容量を抑えるためにあえて劣化させてファイルを小さくすることもできますし、きれいな映像を見たいのであれば無劣化での変換を選ぶこともできます。

VidCoder

サイト:https://vidcoder.net/

高度な動画ファイルの変換ができる、ダウンロード版のツールです。ダウンロードしてすぐに日本語で使えるため、英語版が多いソフトの中では使いやすいソフトと言えます。また、様々なエンコードに対応しているため、高度な操作ができて様々なファイルに対応できるのが強みです。そのため、頻繁に動画ファイルの変換をしたり、いろいろな動画を使って編集をしたりする人におすすめです。逆に、シンプルにDVDファイルをパソコンでも見られるようにするという目的だけであれば、機能があり過ぎて迷ってしまうこともあります。フリーソフトですが、プロでも使える高機能ソフトと言えます。

Convertio

サイト:https://convertio.co/ja/

オンラインでファイル形式の変換ができるツールです。ビデオコンバーターという形で、様々なファイル形式に対応しているので、VOBに限らずとも使い勝手が広いのがメリットです。使い方もとても簡単で、元のファイル形式と変換したい形式を選んで、ファイルをアップロードするだけです。ファイルはパソコンはもちろんのこと、DropBoxやGoogleドライブなどのクラウドからアップロードすることもできます。とても簡単で使いやすいですが、アップロードできるファイル容量は1GB未満となっているので注意しましょう。

Wondershare Online UniConverter

サイト:https://videoconverter.wondershare.com/

オンラインでファイル形式の変換ができる無料サービスです。元ファイルの形式はかなり幅広く対応しているので、VOB以外にも使えるのがうれしいところです。変換したいファイルを、パソコンやクラウド、YouTubeリンクなどから選び、変換したい形式を指定するだけでスタートします。とてもシンプルな作りのサービスなので、初めての人でもすぐに使えて簡単です。

このWondershareでは、インストール版も出していて、一括変換などができる機能も持っています。もし、頻繁にファイル変換をするようであれば、まずオンラインサービスで使い勝手を試してから、インストール版を使うのも良いでしょう。