ホーム > マルチメディア> 【無料・超簡単】VROをMP4に変換できるフリーソフト6選

【無料・超簡単】VROをMP4に変換できるフリーソフト6選

2021-11-05 / Hanagi

目次

「パソコンでVROファイルを再生しようとしたけどできなかった…」という経験をしたことはありませんか。

ファイルを再生できない場合、変換ソフトを使用しVROをMP4に変換することが必要です。

しかし、変換ソフトには多くの種類があり、それぞれ特徴や機能が異なります。そのため、使い慣れていない方は、どのソフトを使用すれば良いのかわからなくなってしまうでしょう。

本記事では、VROファイルをMP4に変換する際におすすめのフリーソフトを紹介します。
どの変換ソフトを使えば良いのかわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

VROとは?

VRO

VROとは、VRモードでDVDに記録された動画ファイルや音声ファイルにつく拡張子のこと。ファイル名には、「タイトル.vro」の形で表示されます。

VRモードは、日本の家電メーカーが作成した独自規格の録画方式です。

世界通用のDVDビデオの規格ではないため、「汎用性が低い」という弱点があります。また、VROファイルはコピーできないよう「CPRM」というコピーガードが施されているため、通常の方法で再生することができません。

そのため、VROファイルをパソコンで再生するには、VROに対応した特別なDVD再生ソフトが必要です。しかし、現在VRモードに対応しているソフトが少ないため、VROファイルはそのまま再生できない場合が多いでしょう。

解決策として、「VROファイルを別の拡張子に変換し再生する」という方法が用いられています。

VROをMP4に変換するフリーソフトおすすめ6選

VROファイルを変換する際に、多く用いられる拡張子がMP4(タイトル.mp4)です。

MP4は「国際標準化機構」が開発したもので、動画・音声ファイルの拡張子としてよく用いられています。

Windows・MacOSどちらでも標準で対応しているため、ほとんどのパソコンで再生することが可能です。

ここでは、VROをMP4に変換できるフリーソフトを8つ紹介していきましょう。

HandBrake

HandBrake VRO MP4

画像出典:https://ja.osdn.net/

HandBrakeとは、GPLライセンス・マルチプラットフォーム・マルチスレッドに対応しているビデオトランスコーダーです。

ほぼ全ての一般的な動画ファイルを、ポータブルデバイス・メディアセンターなど各再生環境に対応した動画に変換できます。

HandBrakeの特徴:

・タイトル、チャプターを個別に選択して変換可能
・チャプター情報を付け加えられる
・様々なデバイスに対応したビデオを作成するためのプリセットが充実している
・固定・可変フレームレートエンコードに対応
・インターレース除去・逆テレシネ・ノイズ除去などの基本的なビデオフィルタを備えている

なお、HandBrakeは「MacOS」「Linux」「Windows」で利用可能です。

XMedia Recode

VRO MP4 変換

写真出典:https://www.videohelp.com

XMedia Recodeは、あらゆる動画の変換にたけたエンコードソフトです。

エンコードとは、ソフトを使用してデータを変換すること。

ほぼ全てのファイル形式に対応しているので、非常に汎用性の高いソフトです。
また、解像度の変更や色調補正、インターレス解除などの編集ツールも豊富に搭載しています。

XMedia Recodeの特徴:

・日本語に完全対応している
・ポータブル版もあり、USBで持ち運び可能
・プロファイルでメーカーと機種名を指定でき、指定した機種で再生できる形式に変換してくれる
・動画ファイル・音声ファイルを一括変換することが可能
・操作が簡単で、初心者も使いやすい

XMedia RecodeはWindows向けのソフトのため、Macでは使用できません。また、編集ツールでは簡単な編集のみ可能です。

Bandicut

VRO MP4 変換

Bandicutは動画から必要な区間だけを切り出す、動画のCM部分や不要な区間を選択して削除、複数の動画を1つにつなげるなどができる動画編集ソフトです。

モード種別には、「高速モード」と「変換モード」の2種類があります。

高速モードでは、エンコードせずに動画をそのまま切り取れるため、画質を劣化させずに素早く作業することが可能です。

変換モードでは、動画の形式を変換しつつ必要な区間を切り出したり結合したりする作業を進めることができます。

Bandicutの特徴:

・簡単に素早く動画カット・結合ができる
・様々な形式の動画ファイルを編集可能
・動画から音声ファイルのmp3だけを抽出することができる
・動画の画質を劣化させずに、エンコードなしで素早い編集が可能

Bandicutは、Windows向けのソフトです。初心者でも扱いやすいソフトで、基本的な編集は全て行うことができます。

XviD4PSP

VRO MP4 変換

写真出典:https://www.videohelp.com

XviD4PSPは、動画ファイルをPSP・PS3・iPhone・iPad・YouTubeなどの各種デバイス向けの動画に変換してくれる無料ソフトです。

様々な種類の動画ファイルを変換でき、リサイズ・音声調整・サムネイル画像生成などの機能も搭載しています。

XviD4PSPの特徴:

・パソコン向けの動画だけでなく、各種デバイス向けの動画に変換できる
・エンコード設定を細かく設定することが可能
・変換できるファイルの種類が豊富

PSPやiPhone、YouTubeなど各種デバイス向けに動画ファイルを変換できることが1番の強みです。

Windows向けのソフトなので、Macでは使用できません。

Avidemux

VRO MP4 変換

Avidemuxは、カット編集・音ズレの補正・ファイルの結合・エンコード・各種フィルタの適用ができる無料ソフトです。便宜さと処理速度を重視して設計されています。

Avidemuxの特徴:

・幅広いフォーマットの出入力に対応している
・フィルタの種類が40種類以上ある
・操作が簡単で初心者でも使いやすい

通常、日本語対応していないので、日本語変換する必要があります。比較的簡単に操作でき、サポート形式が豊富なのでアマチュアの方が多く使用しているソフトです。

なお、Windows・Linux・MacOSで使用できます。

Any Video Converter

VRO MP4 変換

様々な出入力に対応した動画変換ソフトで、変換するとともに動画の加工・編集が可能です。VROファイル、DVD、CD、動画ファイルをiPhone5s、iPad、iPod、スマホなどの様々なデバイスで再生可能なファイルに変換することが可能。また、YouTube、ニコニコなどのオンライン動画をダウンロード・録画する機能も提供しています。

Any Video Converterの特徴:

・変換できる入出力の種類が豊富
・高品質のフォーマットにも対応している
・動画を編集・変換できる
・オンライン動画をダウンロード・録画する機能も付いている

Any Video Converterはフリー版と有料版があり、有料版を使用するとさらに多くの機能が利用可能です。なお、Windows向けのソフトとなっています。

VROをMP4に変換できない場合の対処方法

VRO MP4 変換

VROをMP4に変換再生できない場合は、どうすれば良いのでしょうか。

MP4で再生できない主な原因としては、以下の点が挙げられます。

・再生するプレイヤーがMP4noフォーマットに対応していない
・MP4に対応するコーデックをインストールしていない
・再生するプレイヤーのバージョンが古い
・Windowsのシステムに問題が起きている

原因がこの中に含まれている場合、再生プレイヤーを変更するか、コーデックをインストールすることで解決できる可能性が高いです。

しかし、解決できない場合はMP4ファイルが破損していることが考えられるでしょう。

MP4ファイルの破損は、ファイルのダウンロードを中断したりレンダリングや変換処理が正常にできていない場合に発生します。他のデバイスでも、同じMP4のファイルが再生できないかを確認することで、ファイルが破損しているのかを判断することが可能です。

ファイルが破損していた場合は、再度ダウンロードすることで問題解決できるでしょう。また、VROをMP4以外の拡張子に変換することも、MP4に変換再生できない場合の解決法として有効です。

まとめ

本記事では、VROをMP4に変換できるフリーソフトを紹介しました。様々なSNSが発達したことで、動画の変換や編集のできるソフトを利用する方が増加しています。利用者の増加に伴い、ネット上には多くのフリーソフトが出回ってきました。

しかし、利用目的や利用者の熟練度によって、おすすめのフリーソフトは異なります。そのため、自分のレベルにあったソフトを見つけることが難しく、操作が分からず心が折れて諦めてしまう方がいることも事実です。

この記事で紹介したフリーソフトの特徴を見ることで、自分にあった変換ソフトを見つけることができるでしょう。あなたにあった動画変換ソフトを見つけ、様々な場所で好きな映像を見られるようにしてみませんか。