ホーム > マルチメディア> 無料でWAVをMP3に変換できる方法 8選

無料でWAVをMP3に変換できる方法 8選

2021-11-05 / Hanagi

目次

無料でWAVをMP3に変換したい、となったときにどうすればいいのかをご存じでしょうか。そもそもWAVとは何なのか、なぜMP3に変換する必要があるのかといった理由を知りたい、別に変換しなくても音楽が聴けるなら問題ないじゃないかと疑問に思う人もいることでしょう。

今回は変換理由の解説だけでなく、実際にWAVをMP3に変換できるおすすめソフトやオンラインサイトのおすすめの紹介をしていきます。変換はしたいけどソフトやオンラインサイトの種類が多くてどれを使ったらいいかわからない、という人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

WAVとは?MP3との違い

そもそも、WAVとはいわゆる音声データの形式の一つです。開発したのはマイクロソフトとIBMであり、Windowsで使用されている形式になります。一般に広く普及している形式であり、利用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

WAVの特徴:

WAVの特徴は、音を圧縮しないということであり、CDとほぼ変わらない音源を得ることができます。つまり、非常に高音質であるといえるでしょう。そのため、特に音質にこだわりたいのであれば、WAVで利用するのがおすすめです。

とはいえ、圧縮していないためにファイルサイズは当然大きくなってしまいます。ストレージが圧迫されている、と困っているのであれば方式を変換した方がメリットがあります。

MP3

一方のMP3は圧縮された音源の一つです。音声を保存するときに使う一般にも広く普及している方式であるともいえます。しかも圧縮しているのに、その音質はCDと大差ない高音質なのも大きな特徴といえるでしょう。

もちろん、まったくWAVと同じ音質というわけではないですが、よほど音質に敏感な人でもない限りその違いはほとんどわかりません。そこまで高音質にこだわらない、好きな音楽を違和感なく聞くことができればいいという人であればWAVを変換してMP3にするのがおすすめです。

ちなみにMP3にした時にどの程度圧縮されるのかといえば、非圧縮のWAVに比べて約11分の1程度となっています。ファイルサイズが小さくなるために、WAVに比べて多くの楽曲を入れることが可能になるでしょう。

WAVをMP3に変換する理由

WAVもMP3も変わらないくらい高音質が保たれるのであれば、ファイルサイズがより小さくなるMP3に変換することで持ち運びが便利になります。

ファイルサイズが小さくなることで、容量が大きく空くなどのメリットがあります。もちろんCDと同じ音質がいい、CDにそのまま焼き付けたいというのであればわざわざ変換するメリットは少なくなります。

しかし、外出先で利用したい、いつでもどこでも好きな音楽を聴きたいという人にはおすすめです。変換作業も決して難しいものではなく、フリーソフトやオンラインサイトも数多くあるため、自分に合った変換方法を選ぶことができるのも変換した方がいい理由の一つです。

WAVをMP3に変換できるフリーソフトおすすめ

WAVをMP3に変換するには、フリーソフトを使うという方法があります。安全面や提供されるサポートを考えたときには有料でしっかりしたソフトのほうがいいという人もいるでしょう。しかし、無料ソフトであっても問題なく使えるものやしっかりしたサポートのあるものもあります。といはいえ、フリーソフトにはさまざまな種類があるので、どれを使えばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

フリーソフトを選ぶ基準は、どれだけ音質損失を抑えられるかという点につきます。WAVをMP3に変換すると、ほとんど気づかないかもしれませんが音質の劣化が起こるでしょう。そのため、できる限り音質損失を防ぎ、元の音楽を再現できる変換ソフトが重要になってきます。

ここでは、おすすめのフリーソフトを紹介するので、気になるソフトがあればぜひ使ってみてください。

1. WonderFox HD Video Converter Factory Pro

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、Windows用の動画や音楽をさまざまな媒体に変換できるソフトウェアです。こちらは、Windows10でも使うことができます。

このソフトに使われている圧縮技術は独自のものであり、まったく劣化しないというわけではありませんが高音質でのMP3への変換が可能です。ソフト自体は無料でダウンロードすることができ、画面の手順通りにすれば何の問題もありません。

さらに複数のWAVのファイルを同時に変換することもできます。そのうえで、MP3ソフトをさらに縮小することができる圧縮率設定が可能です。無料で簡単に操作できるので、おすすめのフリーソフトといえるでしょう。

2. RealPlayer

RealPlayerも、無料で使えるフリーソフトです。ほかの変換方式が必要である場合はプレミアム会員になるなどが必要ですが、MP3だけでいいのなら完全無料で利用することができます。変換自体は音楽だけでなく動画ファイルも可能であり、動画から音声だけを取り出すこともできるので、おすすめです。

3. UniConverter

UniConverterは、動画や音楽を、超高速で簡単に変換することができます。また、動画編集もできるのでこれ一つあればほぼほかのソフトは必要がありません。変換された画像や音楽はただ単に再生するだけでなく、スマホにも転送可能であり、そのほかDVDやCDへの書き込みもできるため好きな形式で音楽を楽しむことができるでしょう。

ソフトは無料でダウンロードが可能で、操作画面も見やすく無駄なく配置されたボタンがとても使いやすいソフトとなっています。

4. iTunes

画像引用元:https://www.ukeysoft.com

WindowsだけでなくMacでも使えるサイトが、iTunesです。iTunesは、Apple社が開発した音楽プレイヤーソフトのことです。iPhoneやiPadと連携することができるのが大きな特徴で、CDの読み込みや再生ができるだけでなくWAVからMP3への返還も簡単に行うことができます。

もちろん音楽のダウンロードなどもでき使い勝手のいいソフトであるといえるでしょう。

フリーソフトを使うメリット

フリーソフトを使うメリットといえば、無料で簡単に利用できるソフトが多いという点です。中にはソフトを購入しなくてはならないものやデータ量に制限のあるソフトもありますが、完全無料で使えるソフトもたくさんあります。安全面や提供されているサポートなどをしっかりと確認して、自分に合っていると感じるソフトをダウンロードしましょう。

WAVをMP3に変換できるオンラインサイトおすすめ

WAVをMP3に変換するときに使えるのは、フリーソフトだけではありません。オンラインサイトでも、簡単に変換することができます。どちらの方が優れているというわけではないので、自分に合った変換方法を選んでください。ここでは、WAVをMP3に変換できるおすすめのオンラインサイトをいくつか紹介するので、ぜひ試してみてください。

1. Online Audio Converter

Online Audio Converterは、音楽だけでなく動画も含めた約300種類のファイルに対応しているのが特徴のオンラインサービスです。WAVからMP3に変換するだけでなく、着信音などにも変換することができるので、使い勝手がいいサービスであるといえるでしょう。何より、WAVが複数あったとしても同時にMP3へ変換することができるのが大きな魅力です。

2. Convertio

汎用性が高いオンラインサイトがいいなら、Convertioを使ってみましょう。オンラインを使ったサービスであり、WAVからMP3へのコンバーターが可能です。また、WAVをMP3に変換できるだけではなく、多様な音声形式に変換できます。また音声形式だけではなくドキュメントや電子ブックといった様々なファイルにも対応しているため、使い勝手がよいオンラインサイトです。

100MB以下であれば無料でWAVからMP3に変換することができるので、多量に変換する必要がない人にはおすすめです。やり方は簡単で、WAVファイルをアップロードして200種類以上あるフォーマットの中からMP3を選んでください。最後に、MP3をダウンロードすれば終了です。

3. AnyMP4 フリーオンライン 音声変換

AnyMP4 フリーオンライン 音声変換であれば、ウェブだけを音声変換できるツールです。バックグラウンドミュージックを作成することもでき、WAVのような音声フォーマットをMP3に変換する場合でもフリーオーディオ変換ツールで対応することができるでしょう。変換自体は難しい操作が必要なわけではないので、だれでもできるのもこのツールのおすすめポイントです。

4. Aconvert

Aconvertもまた、WAVからMP3への変換ができるフリーサイトです。このサイトを利用することでWAVからMP3への変換だけでなく、FLAC、M4A、WMAなどにも変換することができます。さらにMP3からWAVへの返還も可能なので、ぜひ試してみてください。出力するオーディオビットレート、サンプルレートがファイルを圧縮前に選択できるのも特徴であるといえるでしょう。

オンラインサイトを使うメリット

オンラインサイトを利用するメリットは、汎用性の高いサイトが多いということです。もちろん使い方も非常に簡単であり、誰にでもできるのもメリットといえます。いくつものオンラインサイトがあり、誰でも利用できるのでまずはお試しで使ってみることをおすすめします。いくつかのサイトを利用してみて、自分に合っていると感じるサイトを見つけましょう。

まとめ

このほかにも、AndroidやiPhoneで使うことができる変換用のアプリもあるので、パソコンではなく携帯電話でWAVからMP3に変換したい、という人にはアプリのほうがおすすめです。もちろん無料のサイトやフリーソフトであれば、変な広告が入ったり安全面に不安があったりという懸念もあるでしょう。そのため、利用前にきちんと調べて必要なサポートのあるソフトやサイトを利用してください。外出先でも好きな音楽を心行くまで聞きたい、という人はぜひチャレンジしてみましょう。