ホーム > マルチメディア> Xvidとは?Xvidのダウンロード・インストール、使い方、Xvidファイルの再生と変換方法を解説!

Xvidとは?Xvidのダウンロード・インストール、使い方、Xvidファイルの再生と変換方法を解説!

2021-11-15 / Hanagi

動画を扱っているとXvidというコーデックを目にすることも多いでしょう。Xvidは沢山あるコーデックの中でどのような特徴を持っているのでしょうか。ここではXvidについて説明しながら、Xvidのダウンロードとインストールする方法や使い方、さらにXvidファイルを再生したり変換したりする方法を紹介します。

目次

Xvidとは?

Xvid

Xvidは、MPEG-4 ASPの基準に沿って開発された無料で利用できるビデオコーデックです。

Xvid を語るうえで触れずにはいられないのがDivX。DivXはかつて非常によく使われていたビデオコーディックでしたが開発途中で商用化、つまり有料化されました。

Xvidはこの有料化への反発から誕生したオープンソースのコーデックです。XvidもDivXのように主流と言っていいほど浸透したコーデックでしたが、現在ではH.264が使われることが増えてきています。またXvidはフリーソフトであるのもあり、世界中で使用されているもののMPEG-4 ASPのライセンスは持っていません。

コーデックとは?

Xvid

画像引用元:https://cdn.douga-kanji.com

コーデックとは、動画を圧縮したり復元したりする形式のことです。動画ファイルは映像と音声のデータを一緒に保存したものですが、映像データと音声データをそのまま保存すると膨大な量のデータになってしまいます。

そのため、通常動画や音声のデータを小さくするために圧縮してからファイルにするのですが、その際に用いられるのがコーデックです。

動画を圧縮するのがビデオコーデックで音声を圧縮するのが音声コーディックですが、先ほども言ったようにXvidはビデオコーデックにあたります。Xvidで圧縮された映像データは拡張子が「.xvd」のXvidファイルで保存されます。

コーデックには、沢山の種類がありますが、全てのコーデックがすべての動画ファイルの形式に対応しているわけではありません。それではXvidでコーデックされた映像データを格納できるファイル形式は何かというとAVIやMKV等のDirectShowに関連した形式や、動画ファイルとして特に知名度が高いMP4等です。

AVIといえばMicrosoftによって開発された動画形式。XvidはWindowsと縁が深いビデオコーデックといえます。

Xvidのダウンロードとインストール

無料でありながら高い圧縮度と高画質を両立できるコーデックとして広く知られているXvid。動画編集等でぜひ利用したいと考える方も多いと思います。ここではXvidのダウンロードとインストールの方法を見ていきましょう。

Xvidをインストールすれば多くのマルチメディアプレイヤーでXvidファイルの動画をそのまま再生できるようになります。

まず、Xvidの公式サイトにアクセスして、「Get the Xvid Codec」をクリックします。

Xvid

次の画面でお使いのPCのOSに応じて、Xvid for Windows/Linuxを選択して、Xvid Codecをダウンロードしてください。

Xvid

ダウンロードはすぐに完了し、データを開くと、自動でインストーラーが起動します。

Xvid

公式サイトは英語ですが、ダウンロードしたソフトウエアをインストールする際に、セットアップ用の言語を選択するようになっていて、日本語も選べます。

言語を選択したら、『OK』を押します。

Xvid

『次へ』を押します。

Xvid

次に使用許諾契約に同意し、インストールディレクトリを指定します。

Xvid

Xvid

次にアップデートを自動でするか手動でするかを選択してください。

Xvid

その後『Decoder Configuration』を設定します。『DIVX』、『3IVX』、『other MPEG-4』の中にXvidを使ってデコードしたいものがある場合、該当するものにチェックを入れてください。

Xvid

次に進むとインストールの準備が整った旨が表示されるので、さらに『次へ』をクリック。

Xvid

するとインストールが始まります。日本語が選べるとはいえインストールの手順の過程に英語表記になることもありますが、一般的なソフトウエアのインストールと比べて変わった点はないため問題なく進められるでしょう。

Xvid

インストールが終わるとXvid Video Codecセットアップウィザードを終了中と表示されるので、『終了』をクリックします。

Xvid

Xvidの使い方

Xvidをインストールしたら早速使ってみたいはず。ここではXvidの使い方をまとめます。

Xvid

1. Xvidを使って動画を圧縮するには、AviUtl等の動画編集ソフトが必要です。あらかじめこちらのソフトもパソコンにインストールしておいてください。

2. AviUtlを開き『ファイル』から『AVI出力(Ctrl+S)』を選びます。するとAVI出力というウインドウが開くので、保存する場所を選択しファイル名を入力してください。

3. ビデオコーデックを選ぶ箇所は『ビデオ圧縮』なので、ここをクリックしXvidを選択してください。

4. オーディオコーデックも選択し『保存』をクリックすると、先ほど指定した保存場所にXvidでコーディックしたAVIファイルが出力されます。

Xvidファイルの再生

Xvidファイルはどのような方法で再生できるのでしょうか。パソコンでの再生方法とDVDやブルーレイのプレイヤーでの再生方法を紹介します。

まずはパソコンでの再生方法からです。パソコンで使うマルチメディアプレイヤーは色々な種類がありますが、Xvidファイルを再生できるのはMPEG-4 ASP系でエンコードされたファイルを再生できるプレイヤーになります。

そして、その中でもXvidをあらかじめパソコンにインストールしておかないといけないマルチメディアプレイヤーと必要ないマルチメディアプレイヤーに分かれます。

より使い勝手がいいのはXvid コーデックをインストールせずに使えるプレイヤーですが、その代表はVLC media playerでしょう。

Xvid

VLC media playerはあらゆるタイプの動画や海外のDVDなどを見ることができる便利なフリーソフトです。一方あらかじめXvid Codecをダウンロードしておくことでファイルが再生できるプレイヤーにはさらに様々な種類があり、Windows Media Playerもその一つです。お手持ちのPCに入っているマルチメディアプレイヤーでXvidファイルが再生できない場合はXvid コーデックをダウンロードするか、VLC media playerの利用も検討してください。

次にDVDやブルーレイに保存したXvidファイルを再生する場合ですが、大多数のDVDやブルーレイのプレイヤーでそのまま再生可能です。これはXvidとDivXに互換性があるためで、DivX コーデックに対応しているプレイヤーなら大抵一般的なXvidファイルにも利用できます。

ただXvidファイルのBフレームなどの要素によってはDivX コーデック対応でも再生できないこともあるので注意してください。

Xvidファイルの変換

お手持ちのメディアプレイヤーでXvidファイルが再生できない場合のもう一つの対策が、ファイルをMP4に変換してしまうことです。

MP4 はXvidファイルよりも汎用性が高くOSの種類を問わずほとんどのプレイヤーで再生できます。XvidファイルからMP4への変換も、Xvidでエンコードされた映像を含むAVIからMP4への変換もビデオコンバーターを使えば簡単です。ここではオンラインツールやソフトのコンバーターをいくつか見ていきましょう。

ますはXvidファイルをMP4に変換できるオンラインのコンバーターを1つ紹介します。

Convertio

Xvid

Convertioは動画や音声それに文書などあらゆるタイプのデータを変換できる便利なツールで、100MBまでのサイズのデータは無料で変換できます。

特徴は無料でありながら変換をカスタマイズできるところでしょう。

Xvid からMP4への変換の場合、出力されるMP4ファイルの動画コーデックやプロファイルそれにレベルが設定できます。MP4ではXvidコーデックも使えますが、現在より多く使われているのはYouYubeなどの動画サイトも推奨しているH.264です。MP4が再生できるメディアプレイヤーでもH.264コーデックに対応していてXvidコーデックには対応していないこともあるので、H.264コーデックを選んでおく方が無難でしょう。

ConvertioでXvid ファイルからMP4に変換する方法:

Xvid

1. まずは『ファイルを選ぶ』から変換したいXvidファイルを選択するか、ドラッグアンドドロップでアップロードします。

2. すると出力したいファイルタイプを選ぶ欄が現れるので、MP4を選択してください。この際に現れる歯車のアイコンをクリックするとカスタマイズすることができます。

3. 後は『変換する』をクリックするだけで変換が始まるので、完了後にファイルをダウンロードするだけです。

FreeConvert.com

Xvid

FreeConvert.comは、ファイル(画像、ビデオ、ドキュメント、音楽)をある形式から別の形式に変換するための無料のオンラインファイル変換ツールです。すべてのファイルはHTTPSプロトコルを介して安全にアップロードされ、プライバシーを確保するためにサーバーから自動的に削除されます。

使い方はとても簡単です。ファイルをアップロードして、ターゲットフォーマットを選択して、「Convert」ボタンを押します。

WinX HD Video Converter Deluxe

Xvid

無料とはいうものの370種類以上の入力ファイルと420種類以上の出力ファイルが選択でき、動画ダウンロードやスライドショー作成の機能もついています。Windows版とMac版の両方があるので、お使いのOSに対応した方をダウンロードしてください。XvidファイルをMP4に変換できると宣伝していますが、実際に変換できるかどうかを確認したほうが良いと思います。

WinX HD Video Converter Deluxeを利用する場合もまずはソフトをダウンロードしたうえでインストールします。『+動画』ボタンからXvidファイルをアップロードし、標示される出力ファイルの一覧からMP4を選択しましょう。出力先のフォルダを選択し『RUN』をクリックすれば変換が完了します。

まとめ

Xvidは動画を圧縮するためのコーデックで、Xvidコーデックで圧縮された動画がXvidファイルです。一時の勢いは衰えましたが現在もよく使われるビデオコーデックの一つで、AVIやMP4など主要な動画ファイルに納めることができます。再生できるメディアプレイヤーは多いですが、もし再生できない場合はMP4への変換も検討してください。