ホーム > ストリーミング> YouTube Liveを録画して保存する方法とは?おすすめアプリもご紹介!

YouTube Liveを録画して保存する方法とは?おすすめアプリもご紹介!

2021-09-28 / Hanagi

目次

YouTube Liveって何?

YouTube Liveとは、動画配信・視聴用プラットフォームである「YouTube」が提供しているライブ配信サービスです。誰でも手軽に始めることができ、設定を自由に変更することも容易なことから、多くのユーザーに利用されています。また、通常ライブ配信が終わった後、その配信の内容が投稿動画(アーカイブ)として保存されるのも特徴です。

YouTube Liveをそのまま保存することはできる?

ライブ配信の内容によって、その配信を動画として保存しておきたいと考える方も多いでしょう。いくつか方法はあるものの、YouTubeでは動画・ライブ配信それぞれにおいて動画ダウンロード機能などを提供していません。画像ダウンロードのように簡単に保存することはできないため、保存するのであれば工夫をする必要があります。ただ、多くの場合は配信者がライブ配信の内容をアーカイブとして残しており、ローカルファイルとしてダウンロードする必要性もそれほどないと言えます。

YouTube Liveを録画する方法

前述したように、YouTube Liveはそのままアーカイブとして残されることも多く、ダウンロードしなくても簡単に見返すことができるようになっています。しかし、あくまでアーカイブを残すかは配信者次第であり、チャンネルによってはアーカイブを残さないように設定していることも珍しくありません。もしそのような設定をしているチャンネルのライブ配信を保存しておきたいのであれば、YouTube Liveをリアルタイムで録画するのがおすすめです。ここからはYouTube Liveを録画する方法について、順を追って解説していきます。

1.録画するための端末を用意する

まず初めに、録画に必要となる端末を用意します。カメラなどで直撮りする方法もありますが、後で見返したりする場合はPCやキャプチャーデバイスなど高画質に録画できる端末を選びましょう。スマホでも工夫次第で録画はできるものの、PCなどを使った方法に比べると手順が複雑なので、あまりおすすめではありません。

2.録画の準備をする

用意ができたら、次に録画するための準備をしていきます。キャプチャーデバイスの場合は製品に付属のケーブルを再生端末とキャプチャーデバイス本体に接続すればOKです。PCで録画する場合は、別途録画ソフトをインストールする必要があります。録画ソフトを利用すればPCの画面をそのまま録画できるため、別途再生用の端末を用意する必要はありません。

3.ライブ配信の映像を録画する

一通りの準備が終わった後は、実際にライブ配信を録画してみましょう。PCの場合、録画ソフトに画面キャプチャーモードが備わっているはずなので、それを活用してYouTube Liveが映っているディスプレイを録画します。キャプチャーする範囲を選択できる場合は、再生画面ピッタリに録画範囲を調整すると良いでしょう。キャプチャーデバイスは基本的に録画ボタンを押すだけで録画可能ですが、詳しい仕様は製品によって異なるため、事前に製品説明をよく読んでおくことをおすすめします。

4.動画ファイルが残っていることを確認する

録画を終えたら、最後に動画ファイルが残っているかをしっかり確認しておきましょう。PCであれば端末のフォルダ、キャプチャーデバイスであれば差し込んでいるSDカードなどに動画ファイルが保存されているはずです。

YouTube Liveを録画・保存する際の注意点

YouTube Liveをリアルタイムに録画しておけば、配信者がアーカイブを残していなくても、録画した動画ファイルを使って何度もライブ映像を見返せます。ただ、録画ファイルの使い方によっては刑罰に問われる可能性もゼロではありません。節理を守ってYouTube Liveを楽しむためにも、YouTube Liveを録画・保存する際の注意点について紹介していきます。

録画ファイルを無断でアップロードをするのはNG

ライブ配信の映像を残さない配信者の場合、「配信を後から見返したい!」という需要が高まることもあります。そこで起こりがちなのが、ライブ配信の映像を無断アップロードする行為です。YouTube Liveで配信されているものは全てオリジナルコンテンツとして扱われており、ほとんどは配信した時点で著作権の保護対象になっています。当然ながらそれらのコンテンツを無断でアップロードする場合、著作権侵害をしたとし、訴訟される可能性も高いです。個人で見返したりする分には何も問題はありませんが、利益や宣伝を目的にライブ配信の映像をアップロードするのは控えるようにしましょう。

ライブ配信自体が著作権を侵害していることもある

オリジナルコンテンツのライブ配信とは別に、アニメや映画の映像を無断で流している違法のライブ配信も少なからず存在しています。そういったライブ配信の映像を録画・保存する行為も違法となります。つまり、ライブ配信を録画することで刑罰の対象になってしまう可能性もあるということです。むやみやたらにライブ配信を録画せず、そのライブ配信が著作権を侵害していないかどうかを確認してから録画・保存するのが良いでしょう。

おすすめのYouTube Liveの録画ソフトをご紹介!

YouTube Liveを配信する方法として、手軽なのがPCの録画ソフトを利用する方法です。しかし、録画ソフトとは一口に言っても種類が多く、初心者の方はどれを使えばいいのか迷ってしまうでしょう。そこで、ここからはYouTube Liveの録画に最適なおすすめ録画ソフトをご紹介していきます。

無料画面キャプチャソフト

とても手軽に利用できる録画ソフトとしておすすめなのが、Apowersoftから提供されている「無料画面キャプチャソフト」です。名前の通りフリーで利用できるだけでなく、PCのブラウザ上などから直接PCの画面を録画することができます。ソフトをインストールする必要がなく、PCに使い慣れていない方でも簡単に録画できるのが魅力です。

Xbox Game Bar

Xbox Game Barは、WindowsOSのPCに標準でインストールされている録画ソフトです。標準ソフトですが機能性は高く、YouTube Liveを録画することも難しくありません。インストールや面倒な設定不要で録画ができるのが強みですが、一方で画面キャプチャーの機能があまり豊富ではないため、ライブ配信の映像をきれいに録画するのは難しいでしょう。

QuickTime

MacのPCに標準でインストールされているのが、QuickTimeというソフトです。このソフトは録画範囲の指定ができるため、ライブ配信の再生画面をそのまま録画することも可能となっています。MacのPCを使っている場合は、QuickTimeで録画してみるのがおすすめです。

Bandicam

高機能かつ代表的な動画ソフトとしておすすめなのが、Bandicamです。無料・有料版がそれぞれ提供されており、無料版でもキャプチャ範囲の指定、録画の設定を細かく行うことができます。数ある録画ソフトの中でも使い勝手が良く、初心者にもおすすめのソフトです。ただし、無料版は10分以上の録画ができません。1時間以上のライブ配信を録画する場合、10分ごとに録画をし直す必要があるため、長時間のライブ配信を録画する場合は前述の録画ソフトを利用するのがおすすめです。

ロイロゲームレコーダー

シンプルで使いやすい録画ソフトとして人気なのが、ロイロゲームレコーダーです。複雑な設定をする必要なく、録画範囲の指定をして録画ボタンを押すだけですぐにYouTube Liveを録画できるようになります。Bandicamなどとは違いフリーソフトとして提供されているため、機能制限などはありませんが、高度な設定ができない点には注意が必要です。

まとめ

以上では、YouTubeライブ配信の動画を録画して保存する方法及びおすすめの5つの録画ソフトをご紹介しました。YouTubeライブを録画した動画を勝てにアップロードして商用にすることは著作権を侵害している違法行為となります。ご注意ください。