ホーム > マルチメディア> 動画の結合など様々な編集が可能なフリーソフト及びアプリを紹介

動画の結合など様々な編集が可能なフリーソフト及びアプリを紹介

2022-04-14 / Hanagi

現在、動画編集に興味関心を持っており「自分もユニークな動画を作成してみたい」という方もいるのではないでしょうか。ただ、動画編集ソフトやアプリの種類が多すぎてどれを使えば良いのか分からないという方もいるかもしれません。そこで今回は動画の結合をはじめ、様々な編集機能が備わっているフリー動画編集ソフト及びアプリを紹介していきます。

DVDFab 動画変換

「DVDFab 動画変換」はシンプルかつ直感的に操作できる事から、初心者にも扱いやすいWindowsとMacに対応している動画編集ソフトです。連結や分割などの動画編集が高速に行える他、画質を劣化させる事なく動画を結合する事も可能です。また数多くの出力ファイルを用意しているため、希望するデバイスを選ぶだけで目的の動画ファイルへの変換が可能であり、複数の動画を一つにして結合し保存する事もできます。さらに動画の結合だけでなく、ウォーターマークの挿入ができたり、字幕を動画に追加できる機能なども搭載されています。

DVDFab 動画変換を使用した動画の結合方法

手順1:結合する動画ファイルを選択し、メイン画面内にある「モバイル機器」のドロップダウンリストにある「他のプロファイルを選択」をクリックします。

手順2:プロファイルライブラリに移動したら「フォーマット」、「ビデオ」、「一般」の順にクリックし、希望するフォーマットを選択します。

手順3:「結合」アイコンをクリック後、「確認」ボタンをクリックします。

手順4:画面右下にある「開始」ボタンをクリックすると、複数の動画ファイルの結合ができます。

VideoProc Converter

「VideoProc Converter」は高速に動画を結合してくれるフリー動画編集ソフトです。YouTubeやニコニコ動画といった動画サイトとの互換性があるMP4形式の動画ファイルをはじめ、WMVやFLV、AVIなど数多くのフォーマットに対応しています。また複数ある動画を一つに結合できる他、指定したシーンで動画を分割させる事も可能です。さらに字幕挿入機能やウォーターマーク挿入機能など多くの編集機能も搭載されています。無劣化で動画を結合する事ができるため、編集後でも高品質な映像を維持できるのが特徴のフリー動画編集ソフトと言えます。

VideoProc Converterを使用した動画の結合方法

手順1:パソコンにソフトをダウンロードした後、ソフトを立ち上げ、メイン画面内にある「ビデオ」をクリックします。

手順2:動画変換ページに移行後、画面上部にある「+ビデオ」をクリックし、結合させたい動画を追加します。尚、複数の動画を追加する場合は、「Ctrl」キーを押しながら動画をクリックします。

手順3:動画の追加完了後、「結合」にチェックを入れます。結合した動画を高画質で出力したい場合は、「高品質エンジン」にチェックを入れておきます。

手順4:「出力」の所で「ビデオ」をクリックし、結合した動画形式を選びます。

手順5:画面右下にある「RUN」ボタンをクリックすると、動画結合の作業が開始されます。

VideoPad

「VideoPad」は簡単に動画編集ができるWindowsとMac、両方のOSに対応しているフリー動画編集ソフトです。複数の動画をスピーディーに結合して1つの動画ファイルとして保存できるのが特徴の一つと言えます。テロップの合成や音声入れ替え、クロッピングなど高度な編集機能も入っており、誰でもプロ並みの動画を簡単に作成する事が可能です。

VideoPadを使用した動画の結合方法

手順1:ソフトを起動し、「メディアを追加」から結合させたい動画を取り込みます。

手順2:ファイル下にある「クリップシーケンス」に取り込んだ動画を結合させたい順にドラッグ & ドロップします。

手順3:複数動画の追加が完了したら、画面下まで動画をドロップします。

手順4:「動画をエクスポート」をクリックすると動画結合の処理が始まります。

Windowsムービーメーカー

「Windowsムービーメーカー」は、マイクロソフト社によって開発されたWindows向けのフリー動画編集ソフトです。動画の結合や分割など基本的な動画編集機能が搭載されている他、動画にBGMを挿入したり、特殊効果の追加や映像及び画面上に文字を表示させる事なども可能です。Windowsムービーメーカーには、プロが使用するような高度な編集機能は搭載されていません。そのため、操作画面は分かりやすいように設計されており、初心者にも扱いやすいフリー動画編集ソフトとなっています。

Windowsムービーメーカーを使用した動画の結合方法

手順1:ソフトを起動後、「ホーム」をクリックし、「ビデオおよび写真の追加」をクリックして動画の追加を行います。

手順2:ファイルの一覧が表示されるので、結合したい動画ファイルを選択し、「開く」をクリックします。尚、動画の複数追加をする場合は、「Ctrl」キーを押しながら動画ファイルをクリックします。

手順3:結合したい動画ファイルをソフトに追加後、画面右側に追加した動画の一覧が表示されます。任意の動画をドラッグして再生の順序を設定します。

手順4:再生順序の設定後、「ファイル」内にある「ムービーの保存」にカーソルを合わせ、任意の設定をクリックします。その後、「ムービーの保存」が表示されるので、結合した動画ファイルの保存先フォルダをクリックし、「ファイル名」に名前を入力して「保存」をクリックすれば完了です。

VavaVideo

「VavaVideo」は簡単に動画の結合などの編集ができる事から、初心者にも適した動画編集アプリと言えます。テーマを選ぶだけで自動で動画を編集してくれる点がこのアプリの特徴です。複数の動画の結合や動画のトリミングはもちろん、トランジション効果やフィルター効果など編集に必要な機能が一通り備わっています。また動画以外にも写真を結合させてスライドショーを作成する事も可能です。さらにTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSに直接アップロードする事ができます。

俺の編集

「俺の編集」はAndroidのスマホだけでなく、iPhoneやiPadといったデバイスにも対応している動画編集に特化したアプリです。「俺のアフレコ」や「俺の字幕動画」など「俺の編集」と同じシリーズのアプリが使用できるようになっています。アプリごとに機能が区分けされている仕様となっているため、動画編集の経験が少ない初心者にも利用しやすいアプリと言えます。他のアプリとは異なり、タイムラインを用いた動画編集ではなく、編集する場面を数字で指定して編集作業を行います。そのため、スマホでも好きなタイミングで動画の結合やトリミングができるのが一つの特徴です。

FilmStory

「FilmStory」は2ステップでの動画作成も可能と言われている動画編集アプリです。動画の結合はもちろん、トリミングや分割など基本的な編集機能が搭載されています。動画や写真を選び、BGMを挿入するだけで自動的にトランジションが設定される点がこのアプリの大きな特徴です。「時間をかけてよりオリジナル性のある動画を作成したい」、「気軽に動画編集を行いたい」という方には適したアプリと言えるでしょう。

InShot

「InShot」は無料で使えるスタンプやエフェクトが豊富に用意されており、若い世代を中心に支持されている動画編集アプリです。編集した動画はすぐにTwitterやInstagramなどのSNSに配信できる事から、動画の編集や配信をよく行っているという方にはピッタリなアプリでしょう。動画の結合をはじめ、エフェクト効果やテロップ挿入など編集機能も豊富にそろっています。操作も簡単で専門的な知識が必要ない点がInShotの魅力の一つです。

自分にとって使いやすいソフトやアプリを選んで動画編集を楽しもう!

結合など動画の編集ができるフリーソフト及びアプリを紹介してきましたが、ソフトやアプリ選びでは、それぞれの特徴や強みをしっかり把握した上で最適と思われるものを選択する事が大切です。例えば動画編集の経験がほとんどないという方は「DVDFab 動画変換」や「Windowsムービーメーカー」といったソフトや「InShot」といったアプリを使用するのが良いでしょう。