ホーム > DVD> PS4でDVDやブルーレイを再生する方法とは?詳しくご紹介

PS4でDVDやブルーレイを再生する方法とは?詳しくご紹介

2021-11-05 / Hanagi

Switchと並んで人気のあるPS4はゲームをするだけでなく、DVDやブルーレイの視聴もできます。

しかし、普段はゲームしかしない人だとどうやって鑑賞するのか分かりませんよね。

今回はPS4でブルーレイやDVDを見るための設定方法などをメインに解説します。

これからDVDやブルーレイプレーヤーを買おうとしていてPS4を持っているのなら、1度この記事を読んでから購入するか決めてもいいかもしれません。

目次

PS4でDVD・ブルーレイが見るには、ネット環境がないと見れないか?

この質問はPS4を持っている人、持っていない人両方から来る内容ですが、PS4はインターネットに接続するとDVDやブルーレイを再生できます。

ただし、インターネットの接続が切れると同時にDVDとブルーレイが再生できなくなってしまうのです。

どうしてインターネット環境がないとDVDやブルーレイが再生できなくなってしまうのでしょうか。

PS4ではじめてDVDやブルーレイを見るには、プレイヤーの認証を1度行う必要があり、インターネットに接続しプレーヤー機能の認証が必要です。

最初の設定さえちゃんとしておけば、インターネットに繋いでいなくてもDVDやブルーレイを見られるようになります。

ただ、PS4を購入するのはプレイしたいゲームタイトルがあるからで、わざわざDVDなどのプレーヤー代わりに買う人はほとんどいないので、多くの人はインターネットに繋いだまま鑑賞していることが多いです。

PS4でDVD・ブルーレイを再生する方法とDVDやブルーレイをPS4で再生できるディスクから手順まで解説します。

PS4で再生できるDVD・ブルーレイディスクの種類

PS4ならなんでも再生できると思いがちですが、再生できないものもあります。

再生できないものは8cmのディスク、ひび割れや汚れ、修理したディスク、DualDiscの音楽専用ディスク、ファイナライズをしていないDVD-R等に録画したディスクがあります。

国内で流通しているものはブルーレイやDVDは再生ができると思っていいでしょう。

元々はゲームをプレイすることを目的に作られていますから、再生できないディスクが多いのは当然のことなんです。

PS4でブルーレイやDVDを鑑賞する場合は、先に再生できるディスクか確認してからにしましょう。

またPS4はモデルによって再生できるディスクが異なる場合がありますので、購入した際にどのPS4のバージョンなのか確認することも忘れずに行ってください。

初回認証

初期設定では、インターネットに接続されたPS4を用意し、プレーヤー機能認証を行ってください。

ほとんどの人はPS4を使う前に認証をしているはずなので、ここでの設定のやり方は説明しなくても問題ないかと思います。

操作という操作はあまりなく、自動でやってくれるのではじめてPS4を使う人でも手こずることはないでしょう。

DVDやブルーレイをPS4で動かすには初回認証や設定が必要になります。

本体を起動させて、ユーザーのインターフェースで「設定」を選んでください。

「デバッグ設定」のオプションを選びコントローラーのXボタンで次のページへ進み、ライセンスアクティベーションへ。

続いて「ライセンスアクティベーション」から「ライセンス認証」の全てのアイテムをオンにしてください。

ここで4つのビデオ関連のデコーダーの選択があるのでそれぞれ「オン」に変更します。

これで初回の認証が済み、インターネットに接続しなくてもDVDやブルーレイが再生できるようになりました。

HDCPを有効にする

聞き慣れない言葉かもしれませんが、PS4ではコンテンツがコピーされるのを防ぐため、コピーガードのような機能であるHDCPが搭載されています。

日本で発売されているDVDやブルーレイは基本的に著作権保護のためプロテクトがかかっているので、HDCPの設定を変えないと見ることができません。

「システム」の中から「HDCPを有効にする」を選択しておけばブルーレイやDVDが再生可能になります。

ただし、PS4のシステムソフトウェアのバージョンを最新にしていないとディスクを再生できないこともあるのでご注意ください。

DVD・ブルーレイを再生する手順

でブルーレイやDVDを再生するにはどのような順番で行えばいいのでしょうか。

ここでは簡単にPS4で再生する方法を解説します。

まずは、PS4に見たいDVDかブルーレイをセットしましょう。

本体の電源ボタンを押せば自動で開き、ディスクをセットすれば勝手に読み込みがはじまります。

ディスクを入れるとブルーレイとDVDの選択ができる画面があるのですが、そこでインターネットに繋ぐかどうか聞かれます。

後からでも設定できるので、とりあえず「いいえ」を押してください。

次にコントローラーでブルーレイやDVDの操作に入るのですが、そのガイドが対応しているのかチェックしておきましょう。

ボタンガイドでは基本的な操作、再生、停止、早送り、巻き戻しなどを使います。

ガイドが終わるとそのままブルーレイやDVDを見ることができます。

気になる画質は、テレビの性能によって決まりますが、レコーダーやゲーム画面と同程度のクオリティで映し出されるでしょう。

再生時の設定

DVDやブルーレイの再生中に視聴を快適にするために設定を変更できます。

基本的に字幕と音声の切り替え、日本語吹き替えなどに変えることが可能です。

クローズドキャプションの表示をするかしないかの切り換えも再生中に行えます。

また見ているものによっては古いとノイズが入ることもあるので、そんな時はノイズ調整を行ってください。

さらに、再生時に優先される言語などを設定できます。

そしてPS4ではVRを使えることも知っていますか?

ゲームだけでなくVR対応のブルーレイを鑑賞することも可能です。鑑賞するにはVR対応ディスクとPS4専用のVRが必要になります。オキュラスやそれ以外のVRとPS4を接続して使えないのでご注意ください。

VRを通常の2Ⅾテレビに接続し、VR対応のディスクを挿入している時だけ表示されるようになっています。
ちなみにVRをセットしている間はテレビから映像や音声は出ません。

2Ⅾ状態の画面を見ながらセットを行うので、1人でセットをするのが難しい場合は家族や周りにいる人に助けてもらいましょう。

PS4でDVD・ブルーレイを再生できない時の対処法

普通にPS4でブルーレイやDVDを見ようとしても「どうして動かないの!?」と焦ることもあるでしょう。
ブルーレイやDVDが動かないのには必ず理由があります。

一般的に起こりうるケースを紹介しますので、再生できない時は落ち着いて対応してください。
まず多いのがブルーレイやDVDのディスクに汚れや傷があるケースです。

ディスクに指紋や脂汚れがついていると、それだけで読み込みができなくなるほか、大きく深い傷がついていると、データを読み取れなくなります。

汚れならメガネ拭きなどの傷がつきにくい布で拭けば解決しますが、傷に関しては直しようがないので、同じタイトルのディスクを買い直すことで再び視聴できるでしょう。

次に再生ができない理由として、PS4に対応していないディスクを入れたというものです。

上で触れた通り、PS4で再生できるのは基本的に国内で流通しているものですが、8cmディスクや自作したディスク、先ほどのように傷があったり形が変わっているディスクは対応していないので再生できません。

特にブルーレイディスクはデッキや再生ソフトでは再生できても、PS4では再生できないものもあるので、再生前に対応ディスクか確認しておきましょう。

また、HDCPが有効になっていない可能性もあるのです。

著作権の都合により、この設定が無効になっているとDVDでもブルーレイでも再生できません。

PS4の設定でHDCPが有効になっているかチェックしてみてください。

これでもダメな場合は、PS4のバージョンが更新されていないことも原因にあげられます。

日頃からゲームをしている人なら更新を忘れるということはないのですが、たまにしかゲームをしない人だとよくあるんです。

設定の仕方はとても簡単で「設定」→「システム」→「システム情報」を選択し、システムソフトウェアのバージョンを確認しましょう。

最新版でない場合は、「設定」→「システムソフトウェアアップデート」で新しいバージョンのアップデートファイルがPS4にダウンロードされたら機能画面から「お知らせ」を選び画面に従ってインストールしてください。

これでもダメなら、最後はPS4そのものを初期化・再起動させるしかありません。

再起動は簡単でホーム画面から「電源」→「電源オプション」→「設定」→「PS4を再起動する」で再起動できます。
本体がフリーズしたら電源ボタンを長押しすると解消されます。

再起動できたら再びディスクを入れて再生されるか確認してみてください。

それでも再生できなかったら初期化を行います。

初期化をすると全てのデータが消えてしまうので必ずバックアップしてからはじめてください。

ホーム画面から「システム」→「バックアップ /・復元」→「PS4をバックアップする」でバックアップを行い、再び「設定」→「初期化」→「PS4を初期化する」を選択して初期化を行いましょう。

PS4は各種設定を正しく行われていないと、ちゃんと動いてくれないのでゲームをするにしてもDVDやブルーレイを再生するにしても、先に設定ができているか等の確認を行ってください。

また、PS4そのものが何年も使い込んでいて古いものだと、本体が劣化していて再生できないことも考えられます。
再生の不具合のパターンはさまざまあるので、1つずつチェックしていくことが大切です。

まとめ

PS4はゲームをするだけでなく、DVDやブルーレイを鑑賞するのにも使えます。さらに本体のバージョンによっては、VRを使ってブルーレイを見ることもできますから、ゲーム以外の楽しみ方が増えました。

DVDやブルーレイを見る前に、VRを使う前には初期設定がありますから、設定がちゃんとできているか確認してみてください。そして、再生中の不具合は些細なことから、本体そのものの故障まであります。

PS4はちゃんと使えば家での時間を最大限に楽しむことができるゲーム機ですから、この記事を参考にPS4でのDVD、ブルーレイ鑑賞を楽しんでみてください。