ホーム > マルチメディア> Discord(ディスコード)とは?PCやスマホ版の使い方、PS4とのVC連携を解説!

Discord(ディスコード)とは?PCやスマホ版の使い方、PS4とのVC連携を解説!

2021-11-17 / Hanagi

ますます盛り上がりをみせるオンラインゲームの協力プレイや、対戦プレイに欠かせないのがこちらのDiscord(ディスコード)です。Discordはもともとゲーマー向けのボイスチャットとして注目されていた、コミュニケーションツールでした。現在はゲーマーに限らず愛されています。今回は本サービスの機能や、使い方をご紹介していきましょう。

目次

Discord(ディスコード)とは?

Discordは、とくにゲーマーの間でボイスチャット機能において愛されているツールです。現在はPCのみならずスマホでも、アプリをダウンロードすることで使用可能です。この機能は多種多様にわたり、開発者以外でもだれもが制作可能な便利機能も相まって、躍進を続けています。

操作は多少難しい部分があるものの、全体的に用途の自由度の高いツールといえるでしょう。全体的に軽めのツールなので、パソコンで他の作業をしながらでも楽々通話ができます。

Discord(ディスコード)のメリットとデメリット

Discordはその音声通話機能から、「ボイスチャットサービス」と名高いものです。もちろん文字でのチャットもできます。一対一の個人的な会話から、大人数の会話も楽しめます。数ある機能の特性から、Discord はゲームに適したツールといえます。ここからはDiscord を使う、メリットとデメリットをお伝えしていきましょう。

メリット

ここからは他の有名な、コミュニケーションアプリと比較していきます。グループチャットや通話・写真の機能や動画の共有などの機能には、大きな違いはありません。それではなにが、Discord の魅力なのでしょうか。

まずDiscord は基本無料で使用できる、ボイスチャットサービスです。パソコンやスマホがあれば、だれでも通話を楽しめます。「Discord Nitro Classic」や「Discord Nitro」の名称で、有料のサービスもあります。しかしこちらは開発支援が目的で、追加コンテンツを楽しめるのです。

また音声調整のしやすい点が、Discordの特徴です。グループチャット全体の音量の調整だけでなく、メンバーの音量を個別に調整できます。複数人でゲームをした際に、だれかの声が小さくて聞こえない可能性が減るので便利でしょう。

さらにDiscordはメンバーそれぞれや、チャンネルの管理をしやすいのです。「カテゴリ」の設定をして、ゲームタイトルや話題ごとに分類できるため混乱が少なくて済みます。

デメリット

Discordは多様な場面で用いられる、便利なツールです。しかし海外のサービスであるために翻訳されていない部分も多く、一部理解が難しいでしょう。基本的にDiscordに表示されている文章は、英語を日本語に翻訳したものです。

基本的な操作を行うことは難しくないものの、拡張機能を利用する際には多少言語の壁に阻まれます。英語が不得意で説明の理解が難しい方は、困ってしまうことがあるでしょう。

またビデオ通話をする際にzoomでは同時に1,000人、無料版なら100人の通話ができます。一方Discord では現在、25人が上限となっています。もちろん人数制限内では問題なくできますが、大人数の会議などには向かないかもしれません。

Discord(ディスコード)の使い方(PC版)

ここからはPCでDiscordを、どのように使用すればよいのかをご紹介します。ブラウザバントアプリ版があるものの、ブラウザ版はアプリ版に比べ、PCへの負担が大きいものです。動きが鈍る可能性もあるでしょう。継続的に利用をするならば会員登録し、アプリ版をダウンロードしましょう。ここからはアカウント登録の方法から、使用方法までをご説明します。

ブラウザ版で開始する

ブラウザ版では、アカウントの登録が不要で会話を楽しめます。こちらはPC限定で利用可能です。PCやスマホのDiscordアプリ版を使用したいときは、会員登録が必要となります。ここでのアカウントは仮アカウントとされます。キャッシュのクリアまたはブラウザの変更をするとアカウントは消失するため、注意が必要です。

使い方は、Discordのトップページを開き、「Discordを開く」をクリックしましょう。そうするとニックネームの入力画面が出てくるので、打ち込みます。画面が切り替わると仮登録完了です。ニックネームを入れるだけで利用をはじめられるので、手軽さが持ち味です。

アプリ版で開始する

ここからはPCでアプリ版を使用する際に、必要なアカウント作成の方法をご紹介します。まずはDiscordのトップページから、「〇〇版をダウンロード」をクリックしましょう。「〇〇」は使用OSによって名称が異なります。次にダウンロードファイルの、「DiscordSetup」を開きましょう。Eメールアドレスとユーザー名、パスワードを入力します。このようにアカウント登録をしてアプリが起動されたのを確認したら、利用前の準備は完了です。以下で利用方法をご紹介していきます。

利用方法

Discordには「サーバー」という、URLを知っている人や招待されたフレンドでないと入れない部屋があります。参加メンバーや話題、用途によってサーバーを複数つくっておくと便利です。

サーバーの作り方は簡単です。画面左にある「+」ボタンをクリックし、「サーバーを作成」を選択します。そうするとサーバー名とサーバーリージョンを選択する画面に出るため、指定して「新規作成」を押しましょう。サーバーリージョンは「Japan」にしておくと、動作が重くならないのでおすすめです。

左の一覧にサーバーのアイコンが追加されたら完了です。人型に「+」のついているマークをクリックすると、URLが表示されるためそれを相手に送れば招待できます。逆にサーバーに参加したいときは、画面左の「+」をクリックし「サーバーに参加」を選択しましょう。相手から教えてもらったURLをコピペして、「参加」を押すと画面右端に表示されるオンラインユーザーが増えます。それを確認したら参加完了です。

便利機能

荒たしへの対策として、キックまたはBANの操作ができます。この操作はどちらも特定のユーザーをサーバーから排除することを意味します。この違いはキックなら対象を再度招待すれば、再びサーバーに復帰可能です。しかしBANの場合はBANが解除されるまで、ユーザーはそのサーバーにアクセスできません。

これらの操作は、サーバーの管理権限をもつユーザーの操作によって行われます。安全対策として役に立つかもしれません。

またDiscordでは、サーバーの管理者が自由に役職と権限をユーザーに割り振れます。この機能はうまく使えると、荒し対策として有効です。設定によって特定の権限をもったユーザーのみが閲覧、書き込みができます。一方でDiscordにおいてはインターネットで出会った不特定多数の人と、同じサーバーで通話をする機会があるのです。

そのなかでコミュニティの権限関係が管理者に偏りすぎていたり、一部の権利に依存したりすることがあると、不健全なサーバーになる可能性があります。権限の管理は慎重に行うことがおすすめです。

Discord(ディスコード)の使い方(スマホ版)

スマートフォンでDiscordを使用したい場合は、アプリをストアからダウンロードします。こちらはAndroidもiOSも同様です。アプリ版はアカウントの登録が必要なため、先述した手順で登録を完了しておきましょう。基本的な使用方法はパソコンと同じです。

そこでここからはスマホの機能と合わせて便利に利用する方法をお伝えします。

スマホとDiscordの便利な利用方法

Discordとスマホの機能と組み合わせることで、より快適にゲームを楽しめるでしょう。たとえばAQUOSのゲーミングメニュー利用アプリにDiscordを加えておくと、ボイスチャット中に他アプリからの急な通知をブロック可能です。

Discordにはbotという機能があります。その機能や用途は多種にわたり、読みあげのような便利機能から人狼ゲームを運営してくれるbotまであります。調べてみるとおもしろいかもしれません。使用方法の詳細はbotによって異なりますが、基本的にサーバーにbotを招待して使用することになります。予約した日時に、チャットを自動投稿してくれるようなbotもあります。うまく使いこなせれば、より快適に利用できるでしょう。

Discord(ディスコード)とPS4を連携して使用する

PS4でDiscordを利用するのに必要なものは、PCにDiscordのアプリをインストールし、配線をつなげる作業だけです。ゲーム中に快適に会話ができるので、ゲームの楽しさもワンランクアップするでしょう。ここではPS4と連携して、使用する方法をお伝えします。

写真出典:https://forums.funcom.com

使用方法

まずはHDMIケーブルと3.5mmオーディオケーブルを用意しましょう。HDMIケーブルはPS4で音声、映像を接続するために使用します。3.5mmオーディオケーブルでは、つなぐことでゲーム機とPCやスマホの音声を同時に聞けるのです。

Discordをインストール・アカウント登録したら、ケーブルを接続していきます。まずはPS4とPCモニターに、HDMIケーブルを接続します。PCモニターとパソコンには、3.5mmオーディオケーブルを接続しましょう。そしてパソコンとヘッドセットを接続するためには、パソコンでライン入力の設定をする必要があります。

Windowsでは右下の音量アイコンを右クリックし、「サウンド」を選択します。そしてサウンド設定の「録音」タブを選択しましょう。オーディオケーブルが接続できていれば、録音デバイスに「ライン」が表示されます。選択して「プロパティ」を選び、タブの「聴く」を選択して項目のなかにある「デバイスを聴く」にチェックを入れ、設定完了です。

イヤホンジャックのあるコントローラーを使うとき

PS4のコントローラーにイヤホンジャックが搭載されていれば、コントローラーとPCを3.5mmオーディオケーブルで、接続して音声を聴けます。接続方法は以下のとおりです。

まずはPS4のコントローラーとPCのライン入力端子に、3.5mmオーディオケーブルを接続します。次にヘッドセットとPCをつなぎましょう。そこで音声が聞こえるかを確認します。音声が聞こえないときは、PS4のクイックメニューで「ヘッドフォンの出力」を、「すべての音声」にしましょう。

まとめ

今回はDiscordの特性から利用方法、便利機能をお伝えしました。Discordはゲームで遊ぶ際に、最適なツールです。ほかにも便利機能の利用などで、その他の多種多様な用途にも利用できます。またゲームと繋いで連動させて利用も可能なので、たいへん便利です。今回の記事をぜひ参考に、自分なりの最適な使用方法をみつけて快適にご利用ください。